グローバルナレッジパートナー

グローバルナレッジパートナー

大阪大学は、本学のOU Vision2021の「オープンコミュニティー」の考えのもと、グローバルな社会に開かれた大学として、多様な知と人材が交差し、新たな価値を創出することを目指しています。本学の研究者はそれぞれに活発な国際協働活動を実施しており、卓越した研究成果の実績が蓄積されています。

一方、我が国を含めて世界は複雑化かつ深刻化する社会課題に直面しており、2015年には国連総会において「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択、世界が一丸となって取り組む共通の目標(SDGs)が示され、我が国でも政府内にSDGs推進本部を設置して推進体制が執られています。

このような社会の変容に応えていくためには、これまで以上に多様な知を結集させ、社会課題に取り組むことが必須であり、そのために世界に広がる本学のパートナー校との協働を「社会課題解決への貢献」という明確な目的のもと、卓越かつ確実な成果を目指して実施します。この戦略的パートナーシップを知の協働として、そのパートナーを「グローバルナレッジパートナー」とし、世界の有力大学とともに設置する共通の課題について、分野横断で研究グループを形成し、先端研究を実施します。同時に、この共同研究を通して世界水準の国際人材育成に取り組みます。なお、グローバルナレッジパートナーとの共同研究については、学内部署横断の支援体制を構築し、かつ本学の海外拠点・海外オフィスとも連携を図りながら、外部資金獲得、プロジェクト遂行の支援、若手研究者の受入・派遣の制度設計と実施支援等を行います。

グローバルナレッジパートナー(2022年9月時点)

活動報告

イベント

グローバルナレッジパートナー

感染症総合教育研究拠点(CiDER)では、大阪大学のGlobal Knowledge PartnerであるUniversity of British Columbia(カナダ)医学部と感染症研究を推進するための連携を進めています。各研究機関における研究情報の共有を図り、今後の連携を深めるために、以下の通り合同シンポジウムをオンラインで開催いたします。学内外からの多数のご参加をお待ちしています。

2022 UBC & OU Virtual Symposium on Infectious Diseases and Drug Development

【開催日時】2022年10月14日(金) 8:30-11:30(日本時間)

【参加登録期限】2022年10月10日(月)までに以下のURLよりお申込みください。

https://www.med.ubc.ca/vsiddd

【講演者】

(大阪大学)松浦善治、山崎晶、渡部登喜子、岩崎正治

(UBC)Deborah Money, David Patrick, Manish Sadarangani, Poul Sorensen, Natalie Strynadka

大阪大学・メルボルン大学合同ワークショップ助成プログラム

UCLとのシードファンドに基づく新規プロジェクト

上海交通大学とのシードファンドに基づく新規プロジェクト

令和4年度 学内研究支援プログラム一覧(学内専用サイト)


share !