AED

AED(自動体外式除細動器)の設置

aed_01


スポーツ中に突然倒れ、そのまま亡くなってしまうというニュースをお聞きになったことがあると思いますが、その原因の多くは心室細動(致死的不整脈)という心臓の病気で、国内だけでも年間5万人にのぼる心臓突然死です。心臓突然死は、スポーツ中だけでなく、駅、空港、職場など場所を選ばず発生しており、我々にも身近な問題となっています。

 心室細動という病気で倒れた人を救うためには、救急車が到着するまでの間に1分でも早く心肺蘇生(軌道の確保、人工呼吸、心臓マッサージ)を行うとともに、AED(自動体外式除細動器)という装置で電気ショックを与え、心臓を正常な状態に戻すことが重要になります。

 AEDは、医療従事者以外の一般市民でも使用することが認められており、操作も非常に簡単です。音声ガイダンスに従って、電極パッドを負傷者の胸部に貼るだけで、電気ショック(除細動)が必要かどうかを解析し、必要な場合にだけ電気ショックが行われる仕組みになっています。

 このため、近年、駅や空港などの公共施設でも設置が進んでおり、本学においても、学内主要箇所に設置しておりますので、緊急時に使用してください。

設置場所一覧・マップ

豊中キャンパス 【平成29年4月1日 現在】

Toyonaka Campus 【As of 2017.4.1】

吹田キャンパス 【平成29年5月1日 現在】

Suita Campus 【As of 2017.5.1】

箕面キャンパス 【令和3年4月1日 現在】

Mino Campus 【As of 2021.4.1】

その他(キャンパス外) 【平成28年4月1日 現在】

Others (Outside the Campus) 【As of 2016.4.1】