国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

イベント情報
RSS
一覧
在学生
2019年4月8日 (月) から 2019年4月25日 (木)
2019年度 学生定期健康診断のお知らせ
すべての方
2019年5月2日 (木) から 2019年5月3日 (金)
2019年度いちょう祭開催

研究成果リリース

本学の最新の研究成果リリースを別サイト(http://resou.osaka-u.ac.jp)にて公開しております。

阪大StoryZ

究みのStoryZ

「まとも」と「へんな」の共存で未来の建設・鉱山機械を研究

「ナノ粒子量産プロセス」を解明し世界初の数値予測に成功

研究者、指導者、表現者として人の動きと心理を科学的に分析

共創イノベーションへの挑戦

ITを用いた地域連携 防災・見守りの仕組みづくりに挑戦

血管構造の美しさに魅せられ、血管形成メカニズムの解明からがん完治に挑む

第3ステージ突入!阪大発の新たな産学連携モデル

常識を打ち破り革新的な金属錯体をつくりだす

縁がなかった世界だからこそ一生かけて研究する価値がある

医脳理工と企業が緊密に連携し スーパー日本人育成を目指す

舌がんを 切らずに治す、 放射線治療の 普及を目指して

「仕掛け」で問題解決へと人をいざなう

世界中が注目 ノーベル賞受賞の「オートファジー」

ゲリラ豪雨の予測を可能に-高速・高分解能気象レーダを研究開発

「新たな社会調査」で若者の心に迫る

3人の「専門歯車」をかみ合わせ、免疫システムを解明する3人の「専門歯車」をかみ合わせ、免疫システムを解明する

泳ぐ細菌の「べん毛モーター」の謎にせまる

数学を武器に人の消費行動を解き明かす

染色体の原理を明らかにするため「研究マラソン」を走り続ける

「光るタンパク質」で医療やエネルギー問題に貢献 未来社会を大きく変革する

マイクロ波による革新的製造プロセスで世界のものづくりを変える

時空や世代を超えた「つながり」が考古学の醍醐味

免疫機構の理不尽なメカニズムに湧き立った研究心

「日の丸印抗がん剤」の 開発と実用化に執念を燃やす

大阪大学の協働研究所から R&Dやビジネスモデルを変革したい

人は財(たから) 世界に飛び立つ後進育成が使命

ジャワの歴史研究を断絶させない 古い文献からインドネシアを探る

「合成化学の革新」に挑む

大学キャンパスに企業を誘致 阪大のIndustry on Campus

アカデミア創薬で「薬のまち」大阪の新しい時代を切り開く

ミクロの世界が見える電子顕微鏡に魅かれ 極限環境下での物性の解明に挑む

世界に冠たる大阪大学の免疫学

「阪大免疫」強さの秘密 100年を超える 伝統と研究

「見る」という脳機能の不思議に ドイツの研究グループとともに挑む

予想と違う結果が出たときこそ、ブレイクスルーにつなげるチャンス

身近なモノで物理を体験 世界中の若者に「なぜだろう?」と思う心を伝えたい

広くアンテナを張り 自由な発想で極微の物質を自在にデザイン

巧みに動く生き物にこそ ロボット制御の答えがある

日々生まれ変わる細胞の神秘 オートファジーの謎を追う

原子レベルで 測る・見る・作るに挑む

大阪大学に集まり、世界に広がる アジア太平洋研究のグローバルハブへの挑戦

現場と研究の「ギャップ」を埋め、治療の先にある社会復帰をサポートしたい。

「模様」と「まばたき」の不思議 生命システムの謎にせまる

生命現象の根本に化学があるー高分子化学研究で世界的な業績

高齢者の健やかで幸せな老後のためにー認知科学や老年社会学で多面的アプローチ

トガって、走って、未知の世界へーCO2抑制から活用へ、革新的技術を創り出す

船舶海洋工学のトップリーダーを育てることは大阪大学に課された歴史的責務

経験を糧に研究領域を開拓 地方自治の本質に迫る

日本やアジアの視点から 地球規模の「新たな世界史像」を紡ぐ

生体ナノマシンの構造に迫る

世界的な理論研究者との強力タッグで究極のナノデバイスを可能にする

障害のある子と親のQOLを高めたい

現代人の心の中にある「辞書」 日常の「ことば」を探究する

阪大発の蛋白質データバンク構築 生命科学研究で世界をつなぐ

人類共通の好奇心-宇宙開闢から太陽系の誕生 生命進化までを紐解く

世界各国の知性を結集し 経済理論の充実を

疑うがゆえに知り 知るがゆえに疑う

大阪大学特別教授ー研究の醍醐味は 分からぬことへの挑戦

社会人に企業の枠を超えたナノテクの研究の場を提供しものづくりを支援する

神経回路の修復に関わる新生血管分泌物を発見 あらゆる生命 いとおしく

重症心臓疾患のための移植手術など最先端医療を提供

肺がん・胸腺腫 幅広く治療・研究 心肺同時移植にも貢献

がんを克服するための 新しい選択肢を 切り開く

ナノの世界を この目で見たい!

再生医療・移植医療などで 世界に貢献

現実を抽象化し「制御」理論を組み立て動きをデザインする

演歌を中心とした近代日本大衆音楽を研究 出発点はブラジル音楽との出合いにあり

ことばが文化、社会、時代を「伝える」

制御性T細胞は 何をつたえているのか

消えないメモリ動作の謎を解明

環境浄化の重要性をつたえる

今アフリカで 起きていることが、 なぜ世界につたわらないのか

組織が直面する「人的資源」の課題探求 経営研究の底上げ、日本発で図る

籾殻とCNTコーティングのトップランナー 文系から転身、理系研究者の道へ

「骨」にかわる素材から太陽光をエネルギーにかえる「触媒開発」まで

アンドロイドと ひとの心がすりかわる 瞬間

よりよく生きる 全人的な統合医療

金融は、今日の消費と 将来の消費の 交換について考える学問

「透ける紙」「透ける画像」を開発!

透明なものを可視化する「対話の場」をデザイン

異分野から発想した結晶技術で、 次世代イノベーションに貢献

からだの中をMRIで透かす

「透明人間」を切り口に テクノロジーと物語の 緊張関係を追いかける

創薬基盤科学研究で「総力結集」

まちの将来を「みすえる」

iPS細胞から分化誘導した肝細胞を世界で初めて実用化 信頼性の高い「毒性評価系」の構築をみすえて

遺伝子という絵の具で 網膜の発生経路を明らかに 「生命の森の中、葉っぱの一枚一枚を描く」

先端的な取り組みからコンピュータ社会のこれからをみすえる

歯周病から全身の疾患をみすえる

「木簡」と「庭園」を「よみとく」

遺伝情報を速く、確実に読み解く ナノテクノロジーの最新技術

ひとの脳波を読み解き ロボットアームが動き出す—脳卒中、ALSなどに実用化の道

光の量子的性質を利用して 解読されない暗号を創る—長距離通信めざし、波長変換技術を完成

すぐにもらえる小さい報酬か 将来にもらえる大きい報酬か—神経経済学で「人間の行動」を読み解く

旅立ちと挑戦のStoryZ

答えのない世界で どう生きるのか? 楽しむこと-そんな阪大生が描くその後の人生

『社会正義の 実現をめざして』心に響く問題に敢然と立ち向かう

『自転車は世界をつなぐ』今の自分にとって何がベストかを考える

失敗こそ未来への挑戦 成功への扉

人と会い、挑戦して経験することが夢につながる

「こだわり」をカタチに~世界を変えるチャンスは人生で4回しかない~

血の通った判決に活きる、阪大での学び

尖った「50点の人」がいい~少年時代から続くこだわりのものづくり~

阪大経由、世界行き~伊勢志摩サミットで卒業生が活躍~

Be Ambitious!リスクを恐れず、どんどん外に出て視野を広げて

お客さん目線に立ち、さらに親しみやすい動物園をめざす

地道に努力、簡単にはあきらめない

現場で鍛えられた魂と技術の両方が相まっていいものをつくる

関西の天気を「わかりやすく」伝えたい

高いクオリティで会議を支える

大阪人気質のネゴシエーションで企業の「国際法務」を支援

280年以上守り続ける酒作造りの精神

衆知を集めて未知なる未来を創造

想像力豊かに時代小説を書き続ける

神戸への強い思い 素晴らしさを発信し続けたい

企業と人をマッチング~社員の個性と「信頼関係」を大切に~

気負いなく「誠実さ」をモットーに

物理学から美の研究へ

医療界を患者視点で革新、価値創造

設計はデザイン性に走らず実用性を重視

大阪は住吉津から世界につながった~住吉大社は「世界適塾」に通じる澪標~

家族があって今の私がある~未来を信じ、夢に向かって突き進む~

仏の「心」に向き合いながら友禅画の世界に表現の道求め

「変人力」発揮しイノベーションまい進

京阪人として「日本社会を理解し成長し続けたい」観光の魅力を中国に向けて発信中

「やってみなはれ」に後押しされモノづくりへの情熱を持ち続ける

生来の「負けず嫌い」で、仕事にも趣味にも全力投球

人とのあたたかい交わりから独自のリーダー像を構築

「いい話」を発見し、伝える仕事は素直な心から始まる

「地道にコツコツ、執念もってやり抜け」

得意分野に没頭し、個性を磨く「エリート路線は僕の美学に反する」

風景の向こうにある人の営みを描く

激動の欧州で培った「誠実さ」世界とともに歩み続けて

現場で自ら行動すれば、相手に通じる

こころの都・奈良の魅力を全国へ

がんとライフスタイルの関係究明

きらめきのStoryZ ~キャンパスライフ~

のびやかに、ひたむきに。 時に悩み、それでも前を向く。 そんな阪大生たちのきらめきの学生生活

念願の優勝を奪取 リーダーを中心に各自の強みを結集

少ない練習時間は頭脳でカバー 空き時間は部員同士でミーティング

学生と地域住民がタッグ「石橋キャンパスをつくろう」

オリジナル演舞で関西パワーを全国へ

国内最高峰大会で毎年入賞の実力派

全員野球で「歴代最強のチーム」に

阪大学部生が政策提言の全国大会で最優秀賞!

「土俵がない、指導者もいない」それでも努力を重ね、金星を掴んだ

全国七大学総合体育大会・男女団体全勝優勝

D-1グランプリで頂点に

「地上最速の格闘球技」を制したチーム力

約半世紀ぶりの快挙「阪大生がテニスで関西制覇!」

阪大から世界をめざす 学生ベンチャーが本格始動!

適塾生に勝るとも劣らない 情熱をもって

第5回(平成26年度)日本学術振興会育志賞 阪大学生2名が受賞

「阪大なでしこ」2期生の熱い思い

常識を疑い日々更新 将棋と哲学 糸谷哲郎

大阪大学は箕面市の大きな力

最高峰「竜王」奪取の快挙 将棋と哲学を究める阪大生

チーム躍進のカギは結束力 目指すは1部昇格

「おすすめの5冊」をめぐり本気でバトル!

阪大なでしこ世界にチャレンジ

自律走行型モデルカー・レースで国内初優勝 思い思いの電子工作で、 世界にも挑戦

堂々と、熱くー学生の自主的な課外研究を奨励 初の成果発表会を開催

阪大を元気にする「応援団」 部員不足を跳ね返し、新しい時代へ

アジアの明日を見つめつつ、阪大での学生生活を楽しむ

ecocon2013で グランプリ環境大臣賞・会場賞

設計、製作から実走まで クルマづくりを満喫

「ショセキカ」プロジェクトで上梓するードーナツを 穴だけ残して 食べる方法

「全選手にこの大会を、 大阪を楽しんでほしい」

1年間の復興支援ボランティア 「地元との自然なふれあいができるように」

工学分野の斬新なアイデアが 画期的な医療システムを生み出す

チームの舵取りを担う誇りと戦略を立てる楽しさ 早朝、水の上に滑り出す艇 その心地よさに惹かれて

「ピアノ好き」を原動力に ソロリサイタルへと活躍の場を拡大中

全国最多 サイエンス・インカレ、6組7人受賞

第6回(平成27年度) 日本学術振興会育志賞 阪大生2名が受賞

現代の言葉で 美しい響きの歌を作りたい

学問の神様から福を届ける

コメディの本場・アメリカの舞台に立ち マイク1本で観客を沸かす

海外にも通じる 帽子デザイナーを目指して

意欲ある学生の自主研究を応援

日本人2人目、女性初の「レゴ®職人」阪大生!

学生ならではの 力強く、壮大なオーケストラ演奏

"スゴイ"阪大生の活動を応援-「課外活動総長賞」表彰式

サイエンス・インカレで全国最多の6人が受賞

阪大から世界をめざす 学生ベンチャーが本格始動!

阪大と同じ地域に本社、 1号店、ミュージアムを持つ企業

「人」と「空気」にこだわり 技術革新に挑み続ける

エネルギービジネスをグローバルに展開し 社会のエネルギーインフラを守る

特別企画-ガンバ大阪と阪大の連携強化

不屈のチャレンジ精神で 世界の食文化を変革

原点は阪大との産学連携 1世紀を超える自動車開発

「企業は社会の公器」今も息づく創業者の理念

美しく快適な空間 細やかな心遣いで接客

オフィスがシアターに

巨大建造物が命と生活守る

先物取引の強み生かし アジアNo.1を目指す

取材を通じて、 社会に向けての情報発信

お客さまの大切な命を運ぶ、安全を最優先に

独自技術を駆使して世界ビジネスを展開

最新技術と人間の感覚で品質保持

モノ作りの魅力、身をもって体験

教職員採用情報

教員採用情報

本学の研究科・研究所等の部局における教員(教授・准教授・講師・助教)採用についての各部局HPの紹介です。

さまざまな情報

広報活動

大阪大学ニューズレター

本学の広報誌「大阪大学ニューズレター」をご覧いただけます。

阪大NOW

本学の学内向け広報誌「阪大NOW」をご覧いただけます。

プロスペクタス

本学の英文大学パンフレット「OSAKA UNIVERSITY PROSPECTUS」をご覧いただけます。

プロスペクタス2019

バックナンバー

大阪大学プロフィール
大阪大学の各種データ等をまとめた冊子です。
国立大学の状況・動き

国立大学の状況や動きを国立大学協会が発行している冊子によって紹介しています。

全学ディスプレイシステム「O+PUS(オーパス)」による学内コミュニケーション活性化

大阪大学の教職員、学生のコミュニケーションの活性化とイメージリテラシー教育を目的として103/58インチのプラズマディスプレイを学内17カ所に設置。学生間の情報共有をはじめ、学生作成のコンテンツ、大学からの学内情報等の提供を進めています。

O+PUSで放映されているコンテンツ

O+PUSでの放映申請について

O+PUS Twitterアカウント

このページのトップへ