国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

国際交流・留学

海外留学制度

 

学生時代に何かやりたい、と考えている学生の皆さん、留学してみませんか?

大阪大学では、主に単位修得などを目的とした学生交流協定締結校との交換留学を始めとして、様々なプログラムによる海外留学を積極的に推進しています。

大阪大学で学ぶ皆さんが、将来国際社会において活躍し、重要な役割を果たせる人材となるためには、海外に留学し、外国語運用能力の向上や専門分野の学習・研究に取り組むと共に、日本で触れることのできない異文化を体験し、国際的な感覚を養うことが極めて意義深いことと言えるでしょう。

以下に記載された交換留学制度や海外研修プログラムを始め、海外留学全般に関する情報を掲載したパンフレット「海外留学にチャレンジしよう」阪大生のための「海外留学ガイドブック」も発行されていますので、ご参照ください。

 

大阪大学交換留学制度

※2019年度派遣本募集を開始しました

大阪大学と授業料等の相互不徴収及び単位互換等を明記する学生交流協定を締結している海外の大学(以下「協定校」という。)において、本学の学部又は大学院の正規課程に在籍する学生が、本学に在籍したまま、協定校で概ね1年以内の1学期又は複数の学期の間、科目の履修又は研究指導等の教育・研究の機会を得ることを「交換留学(派遣)」といいます。

学生交流協定は、締結レベルによって大学間又は部局間に区分されており、大学間協定校への交換留学の募集は下記の募集要項等により実施しています。部局間協定校への交換留学については、各学部・研究科の留学担当部署に問い合わせてください。

派遣開始募集開始時期

募集締切り

(所属部局によって異なる)

2018年度

追加募集

2019年1月から3月 2018年3月下旬頃 2018年5月中旬頃

2019年度

本募集

2019年4月から2020年3月 2018年6月上旬頃 2018年9月中旬頃

募集要項等はこちら(学内限定)をご覧ください。

交換留学に関してよくある質問はこちらをご覧ください。

参考:交換留学対象の奨学金等
奨学金等の詳細はこちらをご覧ください。                                     

短期語学研修プログラム

【エセックス大学夏期語学研修プログラム】
 (国際交流科目「イギリス異文化体験演習」)

2018年度の募集は終了しました

英国・エセックス大学に8月下旬~9月下旬のおよそ5週間留学する英語研修プログラムです。"ACADEMIC ENGLISH"を中心にした授業に加え、英語能力検定試験「IELTS」を現地で受験できる、英語の実力形成に最適なプログラムです。

また、本プログラム参加者は、国際交流科目「イギリス異文化体験演習」を履修することとなり、シラバスに定められた基準に基づき、修了者には成績評価を伴って単位が付与されます。

募集要項、申込書はここからダウンロードください。

参考:エセックス大学ホームページ

 

【モナシュ大学春期語学研修プログラム】
 (国際交流科目「オーストラリア異文化体験演習」)

H29年度の募集は終了しました。 H30年度は10月初旬に募集を開始する予定です。

大阪大学の協定校であるオーストラリア・モナシュ大学に2月末~3月末の1ヶ月間程度留学する英語研修プログラムで、国内他大学の学生も参加するジョイント・プログラムです。"ACADEMIC ENGLISH"と"異文化理解"を中心とした学習内容で、長期留学への準備としても最適な内容となっています。

また、本プログラム参加者は、国際交流科目「オーストラリア異文化体験演習」を履修することとなり、シラバスに定められた基準に基づき、修了者には成績評価を伴って単位が付与されます。

募集要項、申込書はここからダウンロードしてください。

参考:Monash Collegeホームページ

 

【オタゴ大学夏季語学研修プログラム】
 (国際交流科目「ニュージーランド異文化体験演習」)

2018年度の募集は終了しました

ニュージーランド・オタゴ大学に8月下旬~9月下旬のおよそ4週間留学する英語研修プログラムです。英語力の総合的な向上を目指すログラム構成となっています。

また、本プログラム参加者は、国際交流科目「ニュージーランド異文化体験演習」を履修することとなり、シラバスに定められた基準に基づき、修了者には成績評価を伴って単位が付与されます。

募集要項、申込書はここからダウンロードください。

参考:オタゴ大学ホームページ

 

【Campus France 短期語学研修プログラム】

※H30年度夏季募集を開始しました! 
Campus Franceがパートナーシップを結ぶ大学附属学校で実施する短期語学研修です。
2018年度夏季の研修場所は、下記2箇所のうちいずれかになります。
1)サン=テティエンヌ大学附属語学・文明国際センター(le CILEC Saint-Etienne)
2)グルノーブル大学附属フランス語教育センター(le CUEF de Grenoble)

また、研修期間は2018年8月13日(月)~9月7日(金)です。

受講生のフランス語能力を伸ばし、強化するために、口頭及び筆記による表現力/理解力、文法力や状況に応じた語彙力など、受講生のニーズ、目的、関心に対応するべくカリキュラムが組まれています。フランスの文化や歴史も学べるように、授業では広告、メディアの記事、ビデオ、文学作品などが用いられ、多様な言語活用シーンを想定して、コミュニケーションを重視した授業が行われます。

募集要項、申込書はここからダウンロードください。

参考:Campus Franceホームページ

 

国連ユースボランティアプログラム(UNYV)

※2018年度の募集は終了しました

国連ユースボランティアとは、世界の平和と開発を支援するために、国連ボランティア計画(UN Volunteers)が日本のコンソーシアム大学9大学*と連携して、学部学生を開発途上国へボランティアとして派遣するプログラムです。派遣期間は約5か月間で、情報通信技術(ICT)、教育、環境、保健衛生等の分野で、業務指示書の範囲の業務を開発途上国において国連や政府機関、NGOのスタッフ、及び現地の人々とともに活動に従事します。

2017年度は本学から2名の学生を、インドネシア、フィジーへ派遣しました。

*関西学院大学、明治学院大学、上智大学、明治大学、東洋大学、立教大学、大阪大学、筑波大学、国際教養大学の9大学

募集要項、様式はこちらからダウンロードしてください。

 

*上記プログラム以外にも、大阪大学では多様な海外研修プログラムが実施されています。詳しくは、ページ上部で紹介しているパンフレットやガイドブックをご覧ください。

このページのトップへ