国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

社会的課題の解決を目指して

 

大阪大学は世界屈指のイノベーティブな研究大学を目指し、卓越した学術研究を行うのみならず、その成果を通じて社会にイノベーションをもたらし、人類的、社会的課題の解決に貢献することを目指しています。

そのためには、「学術的卓越性志向研究」、「技術革新志向研究」、「社会的課題解決志向研究」といった多様な研究モードの動員が必要であると考えています。

このうち「社会的課題解決志向研究」に関連し、本学において社会的課題の解決を目指した研究を推進していくために、研究推進構想『「いのち」にむきあう研究のためにー社会的課題に取り組む大阪大学』を策定しました。

社会的課題の解決には、異なる経験や価値観、知識・体系を備えた人材や組織の力を終結させ、課題意識を共有し、解決に向けて共創することが不可欠であると考えます。本構想は、本学がそもそも大切にしてきた「いのち」を研究分野や具体的課題等を包接する大きな共有概念として提示し、さらに『いのちを「まもる」』、『いのちを「はぐくむ」』、『いのちを「つなぐ」』という三つの観点、『いのちに「むきあう」』を標語に展開していきます。

本構想を羅針盤として、学内外の様々なステークホルダーとの対話をすすめ、未来の社会像と取り組むべき課題を共有し、社会的課題の解決を目指した研究を推進していきます。

「いのち」に向き合う研究のために-社会的課題に取り組む大阪大学-

 

概念図PDF

このページのトップへ