国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

大阪大学と島津製作所による「REACHラボプロジェクト」を開始

2021年7月7日(水)

大阪大学と島津製作所は、2021年4月から「大阪大学・島津分析イノベーション協働研究所」において、島津製作所社員を対象に博士課程での若手技術者・研究者の育成を目的とした「REACHラボプロジェクト」※を開始しました。

※REACH =Recurrent & Re-skilling Academia and Industry Collaboration for Higher Education

 

近年、急速な技術革新や市場の変化により、就労と学びのサイクルを繰り返して生涯にわたって社会で活躍できる人材を育成する「リカレント教育」の必要性が高まっています。大学には、経済界や中央省庁等から、社会ニーズに対応する社会人の学び直しへの取組の検討が求められています。大阪大学は、博士号取得など高度人材の育成に注力する「リカレント教育」を、学外の様々なステークホルダーとの連携により進めます。島津協働研究所で開始した「REACHラボプロジェクト」は、本学の新たな「リカレント教育」の第一歩となる取組です。

 

「REACHラボプロジェクト」は、30歳前後の若手技術者・研究者を主なターゲットとして博士号取得の支援を通じ、「新たな専門性の獲得」、「国内外の人脈構築」につなげることを目標としています。本プロジェクトでは、島津製作所社員が大阪大学大学院博士課程に入学し、島津協働研究所内に開設する「REACHラボ」を研究拠点として2~3年後の博士号取得を目指します。在学中は島津製作所の事業に密接に関わる研究テーマに指導教員らとともに取り組み、学位取得後は社内に戻って研究成果の事業化・社会実装に従事します。初年度の2021年度は1名が大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程に入学し、「核酸医薬品の分析」について研究を開始しました。

 

本プロジェクトでは、今後は人文系も含んだ多様な研究テーマでの人材育成を検討していきます。「REACHラボ」で学んだ人材が、新技術・製品の事業化・社会実装をリードして、「科学技術で社会に貢献する」ことを期待しています。

 

大阪大学・島津分析イノベーション協働研究所(島津製作所サイト内)

https://www.shimadzu.co.jp/labcamp/

このページのトップへ