国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

文部科学省Society 5.0実現化研究拠点支援事業「ライフデザイン・イノベーション研究拠点」国際シンポジウムを開催しました

2019年11月8日(金)

 11月1日(金)、文部科学省Society 5.0実現化研究拠点支援事業「ライフデザイン・イノベーション研究拠点」国際シンポジウムを、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催しました。

 ライフデザイン・イノベーション研究拠点(iLDi)は、文部科学省が実施する2018年度「Society 5.0 実現化研究拠点支援事業」に全国で唯一採択された事業です。本活動を広く社会に周知するとともに理解を求め、民間企業、自治体等の関係者との連携によるより一層の推進や、世界の最新動向、最先端活動の情報収集等を行うため、国際シンポジウムを開催しました。当日は、本事業に参画する大学、研究所、大阪府等の自治体や民間企業から209名の参加がありました。

 シンポジウムでは、西尾 章治郎 総長(拠点長)及び小寺 秀俊 理化学研究所理事(拠点副本部長)から主催挨拶があり、橋爪 淳 文部科学省研究振興局参事官(情報担当)から来賓挨拶がありました。

 引き続き、基調講演が行われ、ペンシルベニア大学 Insup Lee教授及び、ロンドン大学Rosemary Luckin教授から世界における最新研究が紹介されました。

 次に、八木 康史 産業科学研究所教授(拠点本部長)からiLDi研究拠点の全体紹介が行われたのち、iLDi研究拠点プログラム紹介として、6つの拠点プロジェクト及び14のグランドチャレンジ研究プロジェクトから発表が行われました。また、会場内では各プロジェクトのポスター発表も行われ、活発な意見交換が行われました。

 最後に、尾上 孝雄 理事・副学長(副拠点長)から閉会挨拶がありシンポジウムは終了しました。Society 5.0がめざす未来社会について考え、今後の拠点事業の推進へ更なる弾みがついた貴重な場となりました。

 なお、同日にはiLDi総会及び有識者会議も開催されました。iLDi総会及び有識者会議の詳細につきましてはライフデザイン・イノベーション研究拠点HPに掲載していますので、どうぞご覧ください。

 

<参考リンク>

(ライフデザイン・イノベーション研究拠点HP)http://www.ids.osaka-u.ac.jp/ildi/index.html

(データビリティフロンティア機構HP)http://www.ids.osaka-u.ac.jp/

 

(西尾 章治郎 総長(拠点長)の挨拶)

 

(橋爪 淳 文部科学省研究振興局参事官(情報担当)の挨拶)

 

(会場の様子)

 

(ポスター発表の様子)

このページのトップへ