国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

新しい給付型奨学金について(令和2年度~)

1. 概 要 <高等教育の修学支援新制度における給付奨学金>

令和2年度から新たな給付奨学金制度が始まります。

新たな制度は、これまでの給付奨学金に比べて、対象者の範囲と支給額が拡充します。また、併せて授業料免除の対象になるため、給付奨学金と合計した支援額は大幅に拡充します。


対象者は令和2年4月に大学、短期大学等に入学、または進級する学部生で、家計基準(収入金額、資産額)及び学力基準(学業成績、学修意欲)などの条件を満たす方です。

高等教育の修学支援新制度では、日本学生支援機構の給付奨学金を受給する学部生に対し、大学が授業料減免等を認定します。
そのため、採用された給付奨学金の支援区分により、授業料・入学料の減免額が決定することになります。なお、支援区分は世帯収入に応じた3段階の基準で決まります。

この制度による支援を受けるには、①日本学生支援機構の給付奨学金に申請し、採用されること、②大学の授業料等減免の申請手続を完了すること、の2つが必須となります。

両方の申請スケジュールを確認のうえ、漏れなく必要な手続きを行ってください。


○制度の詳細について

 <文部科学省特設サイト「高等教育の修学支援制度」ページ>
  http://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm



○家計基準について

 日本学生支援機構(JASSO)のサイトから、支給額等が試算できるシミュレーションのツールを利用できます。自分が対象になりそうか確認しましょう。

 「JASSO進学資金シミュレーター」はこちらから→
 (URL https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp


○大阪大学は本制度の対象機関として文部科学省より認定されました。
 <詳細は「高等教育の修学支援新制度」ページをご覧ください>

 

 

2.  奨学生の募集について

 ①予約採用 

 ○令和3年度入学者学部予約採用の採用候補者の手続きについて

学部生奨学金候補者になっていて、大阪大学への入学が決定した方の手続き方法については、令和3年3月上旬に本ページに掲載します。

※高校等で事前申請をしていなかった方は、本学入学後「在学採用」にて申請してください。(募集要項等は令和3年3月下旬掲載予定。申請時期は令和3年4月となります。)

 

②在学採用<在学生対象>

○令和2年度新制度給付奨学金在学採用(二次採用)について


申請期間:2020年9月14日(月)~ 2020年10月6日(火)16:30 期限厳守  →募集は終了しました。

 

③家計急変採用

予測できない事由により家計が急変し、緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば支援対象となります。

※随時受付を行っています。「給付奨学金案内」「概要」をご覧のうえ、該当される場合は豊中学生センターまで下記内容をメールにて送付ください。申請資格確認後、詳細な申請手続についてご案内します。ただし、家計急変の事由が発生したときから3か月以内に申し込む必要があります。

タイトル:「給付奨学金家計急変採用申請希望」

本文:「氏名」「学籍番号」「学部・学年」「郵便番号・住所 」「電話(携帯)番号」

   「家計急変の詳細 
   「家計急変の事由発生日 
   「現時点での給付奨学金の受給・申請の有無」

メール送信先:gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

 申請書類の郵送をご希望の方は、確実に受け取れる住所を記載してください。


 給付奨学金案内(家計急変採用)こちら     

 家計急変採用の概要こちら

 

○災害により家計が急変した方への支援について(令和2年10月15日更新)

災害救助法適用地域に指定された地域の災害により、家計が急変した方を対象とする家計急変採用の申請を受け付けています。

申請を希望される方は下記事項を確認し、必要事項を記載のうえメール送信してください。
申請資格確認後、該当者には詳細な申請手続についてご案内します。

 

タイトル:「給付奨学金家計急変採用申請希望(災害)」

本文:「氏名」「学籍番号」「学部・学年」「郵便番号・住所1」「電話(携帯)番号」

   「被害を受けた地域※2
   「家計急変の詳細※3
   「現時点での給付奨学金の受給・申請の有無」

メール送信先:gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp


※1
 申請書類の郵送をご希望の方は、確実に受け取れる住所を記載してください。

※2 災害救助法適用地域に指定されているかどうか、下記ページより確認のうえ、「被災した世帯あるいは勤務先のある都道府県・市町村名」を記載してください。

  ●災害救助法適用地域(日本学生支援機構ホームページ)

※3 「給付奨学金案内(家計急変採用)」の11ページ「②家計急変の事由」の項に掲載されている表中の事由Dに該当します。事由Dの①または②のいずれに該当するかわかるように出来るだけ詳しく記載してください。

  ●給付奨学金案内(家計急変採用)はこちら

 


○新型コロナ感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援について(令和2年8月28日更新)

現在、新型コロナウイルス感染症に係る影響による収入減少があった方を支援対象とする家計急変採用の申請を受け付けています。ただし、家計急変の事由が発生したときから3か月以内に申し込む必要があります。

申請を希望される方は必ず下記事項を確認し、必要事項を記載のうえメール送信してください。

タイトル:「給付奨学金家計急変採用申請希望(コロナ)」

本文:「氏名」「学籍番号」「学部・学年」「郵便番号・住所※」「電話(携帯)番号」
   「家計急変(収入減少)事由発生日(月)」
   「給付奨学金シミュレーション結果コピー(メール添付)」① 
   「資産額確認結果(資産額)」② 
   「現時点での給付奨学金(定期採用)の受給・申請の有無」

メール送信先:gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

※申請資格確認後、該当者には申請手続に必要な書類をお送りしますので、確実に受け取れる住所を記載してください

【重要:確認事項】

①給付奨学金シミュレーションで支援区分に該当するか確認
・給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け)(https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/)にて家計基準を満たすか確認
・収入が減少した後の1か月分の収入(所得)が分かる書類(給与明細、帳簿等)を準備し、その額×12倍したものを入力し、社会保障料等については「収入等から算出する」を選び、他は通常通り入力
・シミュレーションの結果画面をスクリーンショットで画像データにして送付

②資産額の確認
・父母とご本人の資産合計額が2000万円未満(生計維持者が一人の場合は1250万円未満)であるか確認のうえ、資産額の合計をメールにて回答

国及び地方公共団体が実施する支援制度の確認について 
・国及び地方公共団体が行っている、新型コロナウイルス感染症の影響による収入減少があった者等を支援対象とする公的支援制度に申請し、その受給証明書の提出が必要となります。下記の日本学生支援機構ホームページに対象となる公的支援制度の具体例の記載がありますので確認しておいてください。

<参考・要確認>日本学生支援機構ホームページ
「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援」


【注意事項】

・給付奨学金に採用された場合、高等教育修学支援制度の支援対象となります。
 奨学金の申請手続きの際、授業料免除の申請手続きについても併せてご案内します。

<参考>文部科学省ホームページ
「新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ」

・送信いただいたメールを確認後、今後の手続きについて順次ご案内しますのでお待ちください。 

 

家計急変による支援を受けた場合、3か月ごとに収入等を確認するため、在学採用に比べて手続きが比較的煩雑になるうえ、短い期間に支援の区分が変わる可能性があります。
(定期採用で採用された場合、家計状況の見直しによる支援区分の変更は年1回、10月に実施)

在学採用についてはこちら 

 

 

 

問い合わせ先:

豊中学生センター 奨学金担当
住所:〒560-0043 豊中市待兼山町1-10
電話:06-6850-5037、5038、5039、8372
E-Mail:gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ