国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

新しい給付型奨学金について(令和2年度~)

1. 概 要 <高等教育の修学支援新制度における給付奨学金>

令和2年度から新たな給付奨学金制度が始まります。

新たな制度は、これまでの給付奨学金に比べて、対象者の範囲と支給額が拡充します。また、併せて授業料免除の対象になるため、給付奨学金と合計した支援額は大幅に拡充します。


対象者は令和2年4月に大学、短期大学等に入学、または進級する学部生で、家計基準(収入金額、資産額)及び学力基準(学業成績、学修意欲)などの条件を満たす方です。

高等教育の修学支援新制度では、日本学生支援機構の給付奨学金を受給する学部生に対し、大学が授業料減免等を認定します。
そのため、採用された給付奨学金の支援区分により、授業料・入学料の減免額が決定することになります。なお、支援区分は世帯収入に応じた3段階の基準で決まります。

この制度による支援を受けるには、①日本学生支援機構の給付奨学金に申請し、採用されること、②大学の授業料等減免の申請手続を完了すること、の2つが必須となります。

両方の申請スケジュールを確認のうえ、漏れなく必要な手続きを行ってください。


○制度の詳細について

 <文部科学省特設サイト「高等教育の修学支援制度」ページ>
  http://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm



○家計基準について

 日本学生支援機構(JASSO)のサイトから、支給額等が試算できるシミュレーションのツールを利用できます。自分が対象になりそうか確認しましょう。

 「JASSO進学資金シミュレーター」はこちらから→
 (URL https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp


○大阪大学は本制度の対象機関として文部科学省より認定されました。
 <詳細は「高等教育の修学支援新制度」ページをご覧ください>

 

 

2.  奨学生の募集について

 ①予約採用 

 ○令和2年度学部予約採用の採用候補者の手続きについて(令和2年3月6日更新)

※高校等で採用候補者となっている方が対象です。

 

学部採用候補者になった方は、以下の「給付奨学金 予約採用手続きマニュアル」を熟読の上、大学所定の期日までに手続きを行ってください。

 

(令和2年4月13日追記)

「採用候補者決定通知書」を諸事情により大阪大学へ未提出の方は、至急、豊中学生センターまでメールにて

タイトル:「学部 採用候補者決定通知書未提出」

本文:「氏名」「学籍番号」

を記入し、下記メールアドレスまで連絡してください。

gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

メール受付期限:令和2年4月16日(木)

 

(令和2年4月8日追記)

※「採用候補者決定通知書」は4月8日(水)17時までに大阪大学の学内提出BOXに提出することとしておりましたが、緊急事態宣言の発令に伴う登校禁止のため、郵送により書類を受付いたします。

豊中学生センターまでメールにて

タイトル:「学部 採用候補者決定通知書郵送」

本文:「氏名」「学籍番号」

を記入し、下記メールアドレスまで連絡のうえ、8日中に発送してください。
書類到着が期限後でも受理します。

gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

宛先:〒560-0043 豊中市待兼山町1-10 大阪大学豊中学生センター奨学金担当宛

 ※特定記録郵便で送付してください。

 ※封筒に朱書きで「学部 採用候補者決定通知書 在中」と記載してください。

 

 

「給付奨学金 予約採用手続きマニュアル」

「進学届入力下書き用紙」(※3月18日 一部修正)

「採用候補者の手続きQ&A」

「再交付願」(該当者のみ)

 

貸与奨学金の採用候補者でもある方は以下の「貸与奨学金 予約採用手続きマニュアル」も確認してください。

「貸与奨学金 予約採用手続きマニュアル」

 

※高校等で事前申請をしていなかった方は、本学入学後「在学採用」にて申請してください。(募集要項等は令和2年3月下旬掲載予定。)

 

※在学生対象の在学予約採用の申請は終了しました。新たに申請を希望される学部在学生は「在学採用」にて申請してください。(募集要項等は令和2年3月下旬掲載予定。)

なお、在学予約採用に申請された方へは、4月中旬頃KOAN個別連絡にて結果を通知します。

 

②在学採用<在学生対象>

○令和2年度新制度給付奨学金在学採用の追加申請受付について(令和2年5月29日更新)

文部科学省及び日本学生支援機構による申請スケジュールの見直しにより、下記の通り在学採用の追加申請期間を設けました。

 「申請要領(追加申請用)」より、申請手順とスケジュールをご確認ください。

 

 

(令和2年5月29日更新)

在学採用追加申請受付のため掲載資料を更新しました。「申請要領(追加申請用)」を確認し、申請方法及びスケジュールをご確認ください。スケジュールがタイトになっておりますので、事前準備を進めていただきますようお願いいたします。

 

※給付奨学金に採用された場合、高等教育修学支援制度の支援対象となります。
 授業料免除の申請手続きについても併せてご案内しています。

※今回の「在学採用」は2018年の家計状況に基づき採用される定期採用です。
 新型コロナ感染症による家計急変を伴う場合「家計急変採用」のページをご確認ください。
 ただし、家計急変により支援を受けた場合、それによる支援が継続している間は3か月ごとに収入等を確認するため、在学採用に比べて手続きが比較的煩雑になるうえ、短い期間に支援の区分が変わる可能性があります。

 


<申請に必要な「マイナンバー提出セット」等申請書類を郵送にて配布中です>

請求メール受付期限:令和2年6月26日(金) 正午(厳守)

タイトル:「在学採用申請書類郵送依頼」

本文:「氏名」「学籍番号」「郵便番号」「住所」「電話番号(携帯番号)」
   「申請予定の奨学金(給付or貸与or給付及び貸与)」
   「申請中あるいはすでに採用されている奨学金(ある場合)」

を記入し、下記メールアドレスまで連絡してください。

gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

※送料は、依頼者負担(着払い対応)となります。
※必ず受け取ることができる住所をご記入ください。
※郵送対応には、メールをいただいてから数日かかりますので、お早めにご連絡ください。郵送対応により申請締切に間に合わなかった場合でも、締切後の受付は原則認められません。


【給付奨学金 在学採用】

1.申請方法(学部在学)

<全員必読>      

申請要領←まずはこちらを確認!【給付・貸与共通】(5月29日更新)

「説明会資料」(5月29日更新)

「給付奨学金案内」

「スカラネット入力下書き用紙」【給付(貸与併用)】(提出不要)

「Q&A」【給付・貸与共通】                     

2.提出書類(学部在学)

<全員必須>※印刷して使用してください

「申告書兼必要書類確認書」【給付・貸与共通】

「給付奨学金確認書」

「学修計画書」

「高等教育の修学支援制度「授業料等減免」認定申請書」

「提出封筒貼り付け用紙」(提出用封筒に貼付)【給付・貸与共通】

※必要書類は「申告書兼必要書類確認書」を確認してください。

※マイナンバー提出セットは、郵送により配布しています。

3.提出書類(学部在学)

<該当者のみ>

 「奨学金提出書類」【給付・貸与共通】

「マイナンバーに代わる書類」【給付・貸与共通】

「留学に関する申告書」【給付・貸与共通】

  

貸与奨学金を希望される方は貸与奨学金の在学採用ページもご確認ください。

給付奨学金と貸与奨学金を併用希望される方は本ページの「スカラネット入力下書き用紙」【給付(貸与併用)】をご使用ください。

 

 

③家計急変採用

予測できない事由により家計が急変し、緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば支援対象となります。

 

 給付奨学金案内(家計急変採用)こちら  
 ※高等教育修学支援制度の支援対象者の要件(基準)はP8~17に記載

 家計急変採用の概要こちら


○新型コロナ感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援について(令和2年4月28日更新)

現在、新型コロナウイルス感染症に係る影響による収入減少があった方を支援対象とする家計急変採用の申請を受け付けています。

申請希望者は下記事項を確認し、必要事項を記載のうえメール送信してください。

タイトル:「給付奨学金家計急変採用申請希望(コロナ)」

本文:「氏名」「学籍番号」「学部・学年」「郵便番号・住所※」「電話(携帯)番号」
   「家計急変(収入減少)事由発生日(月)」
   「給付奨学金シミュレーション結果コピー(メール添付)」① 
   「資産額確認結果(資産額)」② 

メール送信先:gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

※申請資格確認後、該当者には申請手続に必要な書類をお送りしますので、確実に受け取れる住所を記載してください

【重要:確認事項】

①給付奨学金シミュレーションで支援区分に該当するか確認
・給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け)(https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/)にて家計基準を満たすか確認
・収入が減少した後の1か月分の収入(所得)が分かる書類(給与明細、帳簿等)を準備し、その額×12倍したものを入力し、社会保障料等については「収入等から算出する」を選び、他は通常通り入力
・シミュレーションの結果画面をスクリーンショットで画像データにして送付

②資産額の確認
・父母とご本人の資産合計額が2000万円未満(生計維持者が一人の場合は1250万円未満)であるか確認のうえ、資産額の合計をメールにて回答

国及び地方公共団体が実施する支援制度の確認について(令和2年5月8日追記)
・国及び地方公共団体が行っている、新型コロナウイルス感染症の影響による収入減少があった者等を支援対象とする公的支援制度に申請し、その受給証明書の提出が必要となります。下記の日本学生支援機構ホームページに対象となる公的支援制度の具体例の記載がありますので確認しておいてください。

<参考・要確認>日本学生支援機構ホームページ
「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援」


【注意事項】

・給付奨学金に採用された場合、高等教育修学支援制度の支援対象となります。
 奨学金の申請手続きの際、授業料免除の申請手続きについても併せてご案内します。

<参考>文部科学省ホームページ
「新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ」

・送信いただいたメールを確認後、今後の手続きについて順次ご案内しますのでお待ちください。 

(以下、令和2年5月8日追記)
家計急変による支援を受けた場合、3か月ごとに収入等を確認するため、在学採用に比べて手続きが比較的煩雑になるうえ、短い期間に支援の区分が変わる可能性があります。
(定期採用で採用された場合、家計状況の見直しによる支援区分の変更は年1回、10月に実施)

文部科学省及び日本学生支援機構の申請スケジュールの見直しにより、在学採用についても追加申請を受け付ける予定です。こちらでも支援の対象になる可能性がある場合は上記を踏まえ、どちらに申請されるかご検討ください。 

在学採用についてはこちら 

 

 

 

問い合わせ先:

豊中学生センター 奨学金担当
住所:〒560-0043 豊中市待兼山町1-10
電話:06-6850-5037、5038、5039、8372
E-Mail:gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ