国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

交通事故にあった時の心得

万一、通学中その他日常において、交通事故に遭った場合は、次の点に留意して対処しましょう。

 

●加害者の確認

 

被害にあったら必ず運転者の氏名、住所、電話番号、運転免許証番号、車の持ち主及び車のナンバー等を確認し、記録しておくことが大切です。また、自動車損害賠償責任保険番号を確認し、保険会社名、証明書番号及び加入年月日を控えておきましょう。

 

●軽い怪我でも医師の診察

 

事故当初は何ともないと思ったのに、後で痛み出して診てもらったら意外に重症であったということがよくありますので、専門医などの検査、診察を受けましょう。

なお、自分で病院に支払った場合は、領収書を保管しましょう。

 

●所属学部・研究科の教務担当係への連絡

 

交通事故に遭ったことを所属学部・研究科の教務担当係に連絡しましょう。

 

●警察署への届出・事故証明の取得

 

小さな事故でも必ず警察に届け出て「事故証明」を取りましょう。これは後日、示談や損害賠償を請求するときに大切な証拠書類となります。

 

●示談は慎重に

 

示談書や領収書に目を通さず印鑑を押すのは危険です。書類の内容を十分読んで示談は慎重に行いましょう。また、後遺症が発生する場合がありますので、示談はあわてず専門の機関や保険会社等の担当者とよく相談をしましょう。

 

●学研災・学研賠手続き

 

学生教育研究災害傷害保険または学生教育研究賠償責任保険に加入している方は忘れずに手続きを行ってください。

このページのトップへ