重点領域ー共生知能システム研究

重点領域ー共生知能システム研究

大阪大学 先導的学際研究機構 共生知能システム研究センター

大阪大学が注力する重点3領域の一つ、「共生知能システム研究」を推進する 共生知能システム研究センター (センター長・石黒 浩 教授)は、知能システムと人間が共生する社会の実現を目指し、知能ロボット研究と認知・脳科学研究等が融合した基礎研究に取り組んでいます。

人間をモデル化し構成的に理解するための人間に酷似したアンドロイドや、人間と関わり人間のパートナーとなるロボットを実現する 「知能ロボット研究」 、その知能ロボットや情報システムを用いて、知能や身体性等の人間の基本問題の解明を目指す 「認知脳科学研究」 、人間とロボット等の知能システムの複雑な社会的関係を計測・解析する 「センシング研究」 、そしてこれらの大規模な社会実証を可能にする 「情報ネットワーク研究」 と、さらには人間や社会と技術の関わりを考える 「社会倫理哲学研究」 の5つの研究グループが密に連携して取り組んでいきます。

関連リンク

YouTube(英語)
A Unique Approach to the Humanity of Robotics at Osaka University

share !