国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

教育

各種補助金事業

◇Society5.0に対応した高度技術人材育成事業未来価値創造人材育成プログラム

 「Society5.0に対応した高度技術人材育成事業」は、産学連携による実践的な教育ネットワークを形成し、Society5.0の実現に向けて人材不足が深刻化している、サイバーセキュリティ人材やデータサイエンティスト、科学技術を社会実装できる人材といった、社会のニーズに応じた人材を育成する取組を支援することを目的としております。

【平成30年度採択】

取組名称 独り立ちデータサイエンティスト人材育成プログラム(DS4)
大学名
◎大阪大学(基礎工学研究科)、滋賀大学、神戸大学、同志社大学

◎代表校 

 

成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)

 「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成プログラム」は、情報技術を高度に活用して社会の具体的な課題を解決できる人材の育成機能を強化するため、産学協働の実践教育ネットワークを形成し、課題解決型学習(PBL)等の実践的な教育を推進し広く全国に普及させることを目的としています。

〈運営拠点〉

 大阪大学(大学院情報科学研究科)

〈中核拠点〉

【平成28年度採択】

取組名称 ビッグデータ・AI・クラウド技術を用いた課題解決人材育成
大学名 ◎大阪大学(大学院情報科学研究科)、東京大学、東京工業大学、お茶の水女子大学、電気通信大学、神戸大学、和歌山大学、九州工業大学、千葉大学、奈良先端科学技術大学院大学(計10校の共同申請)

 ◎代表校(中核拠点 )

 

多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン

 「多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン」は、大学間の連携による「がん医療人材養成拠点」において、各大学の特色を生かした教育プログラムを構築し、がん医療の新たなニーズに対応できる、優れた「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」を養成することで、我が国におけるがん医療の一層の推進を目的としています。

【平成29年度採択】

事業名称 ゲノム世代高度がん専門医療人の養成
大学名 ◎大阪大学(医学系研究科、薬学研究科)、京都府立医科大学、奈良県立医科大学、兵庫県立大学、和歌山県立医科大学、大阪薬科大学、神戸薬科大学

 ◎代表校

このページのトップへ