* 必須項目

※このページは学部生と大学院生で共通です。

生計維持者の失職や被災等により家計が急変し、奨学金を必要とする学生が対象です。
第一種奨学金(無利子)の「緊急採用」と第二種奨学金(有利子)の「応急採用」があります。
制度の詳細は日本学生支援機構ホームページを確認してください。
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kinkyu_okyu/index.html


【重要】生計維持者の定義

・学部生の場合:
  原則として学生本人の父母
  父母ともにいない場合は代わって生計を維持している主たる人。
  (詳細は日本学生支援機構ホームページ参照

大学院生の場合:
   学生本人
  学生本人に配偶者がいる場合は学生本人及び配偶者。


申請資格等

1年以内に生計維持者が以下の(1)~(14)のいずれかの事由に該当したことにより、家計が急変した学生が対象です。
※家計急変の事由が発生する前は申請できません。(失職"予定"の場合 等)

 (1)会社の倒産等による解雇又は早期退職 (2)死亡
 (3)離別 (4)破産 (5)病気 (6)事故
 (7)会社倒産 (8)経営不振
 (9)その他上記以外の理由による給与収入の激減
 (10)火災 (11)風水害 (12)震災
 (13)災害救助法適用者 (日本学生支援機構ホームページ「災害救助法適用地域」参照)
 (14)在学していた学校の廃止に伴い本学へ入学したことに伴う就学費用の増加

なお、「(13)災害救助法適用者」は以下1~3いずれかに該当し、かつ12ヶ月以内に生計維持者の支出増大または収入減少があった学生が対象です。
ただし、災害による被害を受けていた場合であっても、生計維持者の支出増大または収入減少がない場合は対象外です。

  1. 災害救助法適用地域の世帯の学生
  2. 上記1.以外の近隣地域で同等の災害に遭った世帯の学生
  3. 上記1.及び2.の地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生

※緊急採用・応急採用について質問がある場合はこちらを確認してください。
※留年中の方は申請資格がありません。
※過去に日本学生支援機構奨学金の貸与歴がある場合は、申請や貸与期間を制限されることがあります。
※外国籍の方は在留資格が下記に該当する場合のみ申請可能です。
 〔法定特別永住者、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者〕

※新型コロナウイルス感染症の影響を受けたアルバイト収入等が大幅に減少した学生を対象に「緊急特別無利子貸与型奨学金」の申請を受付しています。
 「応急採用」による第二種奨学金の利子分を国が負担し、実質無利子で貸与を受けることができます。
  詳細はKOAN掲示板「全学掲示板 奨学支援」より『新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生に対する「緊急特別無利子貸与型奨学金」』を確認してください。


事前相談フォーム

申請を希望する場合は、以下のフォームから必要事項を送信してください。
豊中学生センター奨学金担当にて内容を確認後、申請資格の有無及び必要手続きを連絡します。
なお、日本学生支援機構へ照会するため、申請資格の確認には時間を要します。


ご入力いただいた個人情報はお問合せへの対応のみに使用し、大阪大学プライバシーポリシーに則り適切に管理します。