国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

キャンパスライフ

飯村 優生さん(2020年3月外国語学部デンマーク語専攻卒業)~vol93より~

vol93_title

vol93_1
▲スタンドで野球部の応援をしながら「支える」素晴らしさを学べた(中央が飯村さん)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 今春の卒業式は、新型コロナウイルス感染の影響によって、例年のような一堂に会しての式典ではなく規模を縮小して挙行されたため、少し寂しい思いをしながらの「巣立ち」となりました。しかし、卒業生たちは既に、社会に出て新たな人生を着実に歩み始めています。そのうちの一人、外国語学部でデンマーク語を学ぶとともに、応援団のチアリーダーとしてキャンパスライフを充実して過ごし、4月から京セラ株式会社(京都市伏見区)の人事部門で活躍している飯村優生(いいむらゆう)さんにインタビュー。4年間の学生生活を振り返り、「大阪大学は地域に根差した総合大学として、とてもいい学びの場になりました。応援団で多方面の学生や地域の方々と触れ合ったのも財産に。その経験を社会でも生かしたいです」と語ってくれました。  

vol93_3 vol93_4
▲写真左:思い出の箕面キャンパスを、はかま姿で歩くことができた
 写真右:箕面キャンパスのシンボル「世界時計」の前で、友人たちと(右から2人目が飯村さん)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

難しかった発音も会得

 関東で生まれ育った飯村さんは、西日本にはほとんど足を踏み入れたこともありませんでしたが、「首都圏の大学に通ってもつい実家を頼ってしまう。何かあっても帰れないようなところで、学生生活を送りたい」との強い意思とともに、もともと語学に興味があって「将来は国際関係の仕事を」との希望から、大阪大学外国語学部を志望。ヨーロッパ地域へのあこがれの延長線上で、「国民が『世界一幸せな国』と自負している」デンマークを学びの言語に選びました。
 入学していざ学び始めたら、「単語のつづりと発音が乖離していて、とても難しい言語でした」。特に「熱々のジャガイモを口に入れてしゃべるような」あいまい発音に苦労しながらも、着実に身につけていきました。2年生の夏と、3年生冬から4年生春までの2回、現地留学して寮生活を送りながら、多くの現地同級生に恵まれて、会話能力も磨けました。
 語学勉強のみにとどまりません。「日本人は調和を大事にしますが、デンマーク人は協調を重んじながらも自分の主張をきちんと発言する」姿勢も吸収できました。自然に恵まれた土地で、2回目の留学では極冬から芽吹く春にかけてのシーズン、雪融けして生命力があふれていく光景に心が奪われました。

vol93_5
▲留学先のデンマークで、現地の人たちと温かく交流できた

主役じゃなくても、支える姿勢

 学業の一方、チアリーダーとしての活躍も、自身を成長させました。「仲間と動きをそろえながら笑顔たたえ、観衆に元気になってもらえる」本来のパフォーマンスとともに、他部や他大学、そして夏の「箕面まつり」を通じての地域の方々など、幅広い皆さんと交流できたことが、学生生活の大きな財産となりました。「主役じゃないけれど、プレイする選手を支えられる」姿勢も、社会で大きく役立っていきそうです。
 4年前、入学式でチアリーダーの演舞に魅せられて応援団に入部した思い出の大阪城ホールでの卒業式は、見送られました。その代わり、自分を育ててくれた箕面キャンパスで学位記授与式が行われたことから、晴れのはかま姿を着る喜びを外国語学部の仲間たちと分かち合うことができました。
 4月から京セラに入社したものの、ずっとリモートワーク。そして最近やっと、徐々に職場で新社会人としての自覚を味わえるようになってきました。「総合大学である阪大に入ったからこそ、そして緑豊かな豊中、箕面、吹田といった地域と密接に連携している大学だったからこそ、多くを学ばせてもらえました」と母校愛を大事にしながら、飯村さんは社会での一歩を踏み出しています。

vol93_2
▲応援団の仲間たちと(前列左端が飯村さん)

このページのトップへ