国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

キャンパスライフ

江坂 保幸さん(2007年工学修士、2008年経営学修士)

▲仲間とのアカペラが、江坂さん(左)の学生時代の大きな財産になっている

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 工学研究科と経済学研究科双方の修士課程を修め、アカペラのサークル活動でも音楽はもとより話術も磨き、大阪大学での学習成果をたっぷり吸収した江坂保幸(えさか やすゆき)さんは、大阪ガス株式会社において社内プロジェクトの可否に厳しい目を光らせる業務に携わっています。学生時代の楽しい経験をたっぷり交えながら語ってくれました。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

材料被覆や住宅省エネなど

 大津市で生まれ育った江坂さんは、工学部を経て工学研究科において、人工骨用チタン合金の表面を、骨成分に似たカルシウム系材料で被覆する研究で論文を仕上げ2007年3月に工学修士を取得。その後経済学研究科では住宅の省エネに関する研究なども行い、08年3月に経営学修士を得ました。
 そんな学業を収めながら「大学ではほぼアカペラしかしていなかったです」と笑います。高校時代に米国の「TAKE6」に魅了されてアカペラにはまり込み、阪大入学直後のいちょう祭前にアカペラサークル「inspiritual voices」に入部。当初、「うまくハモれていないのは、他のメンバーのせい」と思い込んでいたら、先輩から「江坂の音程が低くずれているから」と指摘され、大いに落ち込んだそうです。でも後には、国内最大級のアカペライベント「関西アカペラジャンボリー」において、アマチュアのトリを務めるまでになりました。「仲間のおかげです」と振り返ります。

▲サークル夏合宿では、水鉄砲大会が楽しい行事だった

3年生時のステージで「あっ、これだ」

 音楽の追求と併せて、ライブの流れを作ったり、MC(曲と曲の間のトーク)の中身を考えることも、好きになっていきました。「下手なりにMCを務めているうちに、3年生のあるステージで『あっ、これだ』と殻を破れた感じを覚えました。MCを続けた経験が社会人になってからのプレゼンなどに生きているし、流れを作ることで論理的な思考力を鍛えられたのかもしれません」と振り返ります。
 このほか、沖縄旅行した時は豊中キャンパス正門前からのヒッチハイクで34台の車にお世話になり、サービスエリアや公園で野宿したのも、学生時代ならではの思い出です。お腹がすいてばかりの年ごろ、小野原の牛丼店で「牛丼並つゆだく+白ご飯」という自己流セットを考えつき、つゆだくご飯をおかずに白ご飯をかき込んだものでした。

▲沖縄旅行に続き、ドイツでもヒッチハイクに挑戦した

「正しい」と思ったら、嫌われることもいとわず

 「人から見て分かりやすい仕事で、関西を支えたい」といった志望をもちながら大阪ガスに入社しました。まず9年間務めた営業時代、得意先のスーパーでガス漏れ事故が発生。緊急保安部隊が駆けつけてテキパキと安全確保作業を進める姿に、「これがガス屋さんなんだなあ」と、自身がライフラインを支える仕事をしていることを、改めて実感したそうです。
 現在は財務部投資評価室副課長として、ガス田の権益取得や発電所開発などの投資案件に対して、第三者的立ち位置から「会社のためにその投資をすべきなのか」を評価する役目を担っています。ある意味で、立案する部署からはいやがられる役柄となりますが「嫌われるのをいとわない性格なので、ずけずけと躊躇せず物を言います。それが会社や社会のためになるなら、ひるんではいけません」と、優しい口調で語ります。でも、その場合でも技術性、論理性、経済性を押さえながら相手を納得させる必要があります。このバックに、工学修士、経営学修士の学びがあるのかもしれません。
 一方、「今は評論家とみられるような側面もありますが、いずれは逆に立案する部署に異動して、自分の実力を試してみたい」という希望も秘めています。

▲投資評価業務について、京都大学大学院で講義もした

育児、料理、イタリア語修得…

 プライベートでは、サークル時代の後輩だった妻と4歳長男との3人家族。共働きで子育てにも積極的に励みます。新婚旅行先だったイタリアに魅せられて、イタリア語検定3級を取得したり、好きな料理のレパートリーを増やしたり、趣味も大事にしながら幅広い人生の「ハーモニー」を楽しんでいます。
 「阪大の魅力として、大学自体も学生も、新しいことにチャレンジしていく姿勢を持っているように思います。勉強はあまりしなかったけれど、多くを学ばせてもらいました」と語る江坂さんは、サークル後輩たちに「音楽技術のアベレージは僕らのころのはるか上。新しいことにどんどん取り組んで、充実したサークル生活を送ってほしい」と目を細めます。


このページのトップへ