アーキビスト養成・アーカイブズ学研究コース

アーキビスト養成・アーカイブズ学研究コースが始まります

令和3年度より、文学研究科、法学研究科及び経済学研究科の協力を得て、アーキビズト養成・アーカイブズ学研究コースを始めます。

平成30年12月に、国立公文書館においてアーキビストの職務基準書がまとめられ、令和2年度より正式に認証アーキビスト資格認定制度が始まりました。本コースは、認証アーキビストの資格取得及びアーカイブズ学に関連する研究遂行の支援を行います。本コースを受講することにより、認証アーキビストの資格を取得するための基本的な知識・技能とアーカイブズ学に関連する最新の研究動向を学ぶことができます。必修科目12単位と選択科目4単位以上、合わせて16単位以上履修した人には、アーカイブズがコースの修了を認定します。

必修科目6科目12単位を履修すると、認証アーキビストの認証要件として国立公文書館で認められます。

〔お問い合わせ先〕
大阪大学アーカイブズ
Tel. 06-6879-2421
E-mail office[@]archives.osaka-u.ac.jp([@]を@に置き換えてください)

PDF版 ダウンロード

コース内容

〔必修科目〕※各科目2単位
◆文学研究科開講科目◆
・アーカイブズ学講義
・アーカイブズ学演習
・アーカイブズ・マネジメント論講義

◆法学研究科開講科目◆
・情報管理法
・法政情報処理
・著作権法

〔選択科目〕※各科目2単位
◆文学研究科開講科目◆
・日本近世史演習(近世古文書の解読と整理)
・日本近世史演習(日本近世くずし字解読演習)
・日本古代史講義
・日本中世史講義
・日本近世史講義
・日本近代史講義

◆法学研究科開講科目◆
・日本法史
・総合演習(定性的研究の理論と方法)
・日本政治史

◆経済学研究科開講科目◆
・日本経済史Ⅰ
・日本経済史Ⅱ

注意事項
・必修科目12単位と選択科目4単位以上、合わせて16単位以上履修することにより、アーカイブズがコースの修了を認定します。
・科目の中には隔年開講のものもあります。各科目の詳細は各研究科HP、またはKOAN(本学学生のみ)で確認してください。
・本学大学院生の方は、KOANで受講登録することで受講可能です。
・独立行政法人国立公文書館のアーキビスト認証を受けるためには、本コースの必修科目を履修するほか、国立公文書館が定める認証要件を充足しなければなりません。
・前項の認証要件は、次のように定められています。
(1) 実務経験
職務基準書に定める職務に知識・技能等を活かして、3年以上従事した経験を有していること。
(2) 調査研究能力
修士課程相当を修了した者は、アーカイブズに係る調査研究実績を1点以上有すること。
詳細は、国立公文書館の『認証アーキビスト申請の手引き』を参照してください。

share !