OMORO!HANDAI

発見!オモロいおおさか。Osakanマニアックス 発見!オモロいおおさか。Osakanマニアックス

「OSAKANマニアックス」ってなに!?

これでキミも“OSAKAの達人”!?
「大阪」生まれの「阪大」育ちのワタシでも、まだまだ「おおさか」については知らないことばかり。
「たこ焼き」や「世話焼きおばちゃん」だけが、大阪のシンボルではないはずですよ(笑)。
府外からの受験生や留学生の皆さんはもちろんのこと、府内の方にもいろいろ学んでいただけるように、ガッツリ前のめりで
「OSAKAの魅力」を探しに行きましょう!

vol.07

ARTICLES 阪大 登録記念物「マチカネワニ化石」(大阪大学総合学術博物館・所蔵)

今から約50年前に大阪大学の豊中キャンパス理学部建設現場で発見された、日本で初めてのワニ類の全身骨格化石です。学名は、「トヨタマヒメイア・マチカネンシス」。発見された大阪層群の地層年代からすると45万年前の温帯性の巨大ワニで、頭骨の長さが1m、全長は約7m、体重は1.3tに達すると推定されています。2006年に発表された論文では、クロコダイル科・トミストマ亜科に属し、現生ワニのマレーガビアルにもっとも近縁であることが決定されました。
ワニ類の進化を示すものとして、世界的にも重要なタイプ標本であり、2014年には大学所蔵の学術標本としては初めて、国の登録記念物に認定されました。復元骨格模型は国内で10体作られており、北海道大学と東京大学の博物館にも展示されています。

(大阪大学総合学術博物館招へい教授 江口太郎)

<関連Webページ>
○大阪大学総合学術博物館 マチカネワニ標本
https://www.museum.osaka-u.ac.jp/jp/exhibition/3F/wani.html

※当該記事は学士会会報「U SEVEN Vol.59 JANUARY 2015」に掲載されたものを一部改編し掲載しています。