OMORO!HANDAI

Contents

おすすめ

I’m 阪大生

Vol.06

この記事を読む

工学部2年生 山本 航平さん

治療法がまだない病気で苦しむ人たちに健康な体を手に入れてもらうため、将来は医薬品開発に携わりたい。

おすすめ

Doors

Vol.02

この記事を読む

外国語学部3年生 比留間 啓仁さん

言語を学ぶのは楽しい!ただ、ラテン語は ありえないぐらい難しかったです(笑)。

大学資料請求

Osakanマニアックス

Vol.12

この記事を読む

懐徳堂(大阪・中之島)

懐徳堂は、1724(享保9)年に大坂の尼崎町(現中央区今橋)に創立された、町人による町人のための学問所。大店の主人から使用人まで、多くの人びとが聴講したとされています。漢字・和学・詩文といった多彩な講義内容と、商用による途中退席を認める自由な学風があり、150年近く西日本の学問の中心として栄えました。戦前まで誰もが水準の高い学問を学べる場として親しまれましたが、戦災で講堂が焼失。戦後、大阪大学に新しく法文学部が加わる際に、戦火を免れた蔵書類(およそ36,000点)が「懐徳堂文庫」として寄贈されました。このことによって、大坂の町に息づいたこの独創的な学問と思想・文化を継承することとなり、大阪大学の文系学部の精神的源流と位置づけられています。 (出典:大阪大学の歴史(大阪大学HP))

おすすめ

I’m 阪大生

Vol.07

この記事を読む

基礎工学部3年生 入江 諒さん

何を思って研究しているのか、どこにやりがいを感じるのか、友人と研究や進路の話をするのが最近は楽しいです。

おすすめ

Doors

Vol.01

この記事を読む

理学部2年生 岡野 七海さん

自炊はあんまり...だけど(笑)、 お菓子作りは楽しくてよく作ってます!

おすすめ

I’m 阪大生

Vol.05

この記事を読む

文学部3年生 古村 文音さん

阪大は、大きな刺激を与えてくれる場所。 自分の大切にしたいものが見つかると思います。

おすすめ

I’m 阪大生

Vol.04

この記事を読む

理学部3年生 古場 温美さん

高校の時から夢見ていた実験。 教科書でしか知らなかった現象を自分の目で確かめられてめっちゃオモロいです!

I’m 阪大生

Vol.03

この記事を読む

法学部3年生 笠松 祐也さん

法学・政治・経済について深く学ぶ機会を持てて、国際色豊か。そこが私には魅力的でした。

I’m 阪大生

Vol.02

この記事を読む

経済学部2年生 村井 翔さん

学部生のうちに留学し、 大学院にも進学。その後は 専門的な知識を用いて、 国際貢献できる職に就きたい。

I’m 阪大生

Vol.01

この記事を読む

外国語学部2年生 室 麻里奈さん

小学生の頃から夢は国際公務員! 社会人を経て 国際開発の分野を学ぶため 大学院に進学したい。

more