国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

米国カリフォルニア大学(UC/UCEAP)大阪オフィス開所式を挙行

2014年12月8日(月)

12月3日(水)、豊中キャンパス文理融合型研究棟7階に、本学の大学間学術交流協定校で、米国カリフォルニア大学の国内2番目のオフィスが設置され、「University of California(UC)/University of California Education Abroad Program(UCEAP)大阪オフィス開所式」が開催されました。

開所式では、Jean-Xavier Guinard UCEAP本部代表による挨拶、次いで平野俊夫総長による挨拶、松本英登文部科学省高等教育局高等教育企画課国際企画室長、Keith Lommel駐大阪・神戸米国総領事館関西アメリカンセンター館長より来賓祝辞が述べられた後、テープカットが行われ、来賓・UC/UCEAP関係者・UC/UCEAPと関係が深い本学教員等、60名を超える出席者を得て盛大に行われました。

その後、UC/UCEAP大阪オフィスの見学やレセプションが行われ、岡村康行理事・副学長から「このオフィスの開所が、大阪大学とカリフォルニア大学の関係をより緊密にし、21世紀におけるさらなる学生交流、研究者交流、共同研究等が促進されることを願っている」との挨拶がありました。

今後、世界有数の教育研究機関であるカリフォルニア大学との連携が緊密になり、交流がより一層活発となることが期待されます。

また、同開所式に先立ってJean-Xavier Guinard UCEAP本部代表は、平野俊夫総長を表敬訪問され、本学からは、岡村康行理事・副学長、東島 清理事・副学長らが同席しました。平野総長から世界適塾構想の説明を受けたGuinard代表は深く感銘を受けられた様子で、今後の両大学間の学生交流について、懇談が行われました。

翌日12月4日(木)には、Guinard代表が、UCからの留学生を受け入れている水口裕之教授(薬学研究科)、下田吉之教授(工学研究科)、田中敏宏教授(工学研究科)の研究室を訪問され、UCからの留学生を交えた懇談等が行われました。

UC大阪オフィス開所式1(記念写真)
開所式での記念写真


UC大阪オフィス開所式2(表敬訪問)
総長室でのGuinard代表他UCEAP関係者による表敬訪問

このページのトップへ