国際交流・留学

国際化拠点整備事業(グローバル30)

 


■ 国際化拠点整備事業(グローバル30)とは
「国際化拠点整備事業(グローバル30 )」は、大学の機能に応じた質の高い教育の提供と、海外の学生が我が国に留学しやすい環境を提供する取組のうち、英語による授業等の実施体制の構築や、留学生受け入れに関する体制の整備、戦略的な国際連携の推進等、留学生と切磋琢磨する環境の中で国際的に活躍できる高度な人材を養成することを目的とし、平成20年に策定された「留学生30万人計画」の具体的な実現への方策の一部として、英語のみで受講・卒業できるコースの創設、国際公募による外国人教員の採用、ロゴpng受け入れ体制の整備等、特に大学のグローバル化に重点が置かれていたところが特徴です。

また、本事業採択大学以外の大学とのネットワーク形成や産業界との連携を通して、日本人学生派遣の推進を図るとともに、留学生のキャリア支援の機会を設けることも目的の一つとされました。

 

■ 本学の構想
本学は、本事業において学位取得が可能な英語コースとして、「化学・生物学複合メジャーコース」(理学部・工学部・基礎工学部共同)、「人間科学コース」(人間科学部)の学部コース及び「統合理学特別コース」、「国際物理特別コース」(理学研究科)の大学院コースを設置しました。これらのコースは既存の英語コース(バイオテクノロジーグローバル人材育成特別プログラム、海洋・都市基盤工学グローバルリーダー育成特別プログラム、量子エンジニアリングデザイン研究特別プログラム、"Engineering Science 21st Century"プログラム)に加えて、本学の教育プログラムの幅を一段と広げるものとなりました。留学生数については、 グローバル30の定める目標年である平成32年までに、3,000名とすることを目標値として掲げ、1年未満の短期留学生数を、平成32年にはおよそ1,000名規模まで拡大することを目指します。

これらコースを紹介したパンフレットはこちらからダウンロードいただけます。

※ 本事業は平成25年度で終了いたしましたが、引き続きフォローアップを行い、大学のグローバル化を進めていきます。

 

■お知らせ 

・「キャンパスライフ2015(英語版)」を作成しました。
大阪大学では、学生が実りある豊かな学生生活を送れるよう、大学での学びや生活についてとりまとめた「キャンパスライフ」を入学時に配付しています。
このたび、留学生向けに本冊子の英訳を行いました。

「キャンパスライフ2015(英語版)」は、こちらをご覧ください。

 

■国際化拠点整備事業(グローバル30)関係リンク

  ・Global 30: Study in Japan (University)  ※英語版

 

※ 下記のコース名を選択すると各ページにジャンプします。  

 

※ 学部英語コース特別入試の概要は、こちらのページをご覧ください。

このページのトップへ