国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

特別研究員とは

 特別研究員制度は、若手研究者が自由な発想のもとに主体的に研究課題を選びながら研究に専念する機会を与え、研究者の養成・確保に資することを目的としており、博士課程在学者及び博士の学位取得者等の応募者の中から、優れた若手研究者を特別研究員(PD・DC2・DC1)に採用し、研究奨励金を支給しています。
 また、世界の最高水準の研究能力を有する若手研究者を養成・確保する観点から、特に優れた博士の学位取得者を特別研究員-SPDとして採用し、研究奨励金を支給しています。(採用状況)
 特別研究員に採用された者には、科学研究費補助金(特別研究員奨励費)の応募資格が与えられます。

 

特別研究員-SPD

 特別研究員-PDの応募者の中から、採用時、博士の学位を取得しており、大学院在学当時の所属研究機関(大学等)以外の研究機関(大学等)を研究従事機関として選定する者を要件とし、特に優れた者が特別研究員-SPDとして採用されます。

 

特別研究員-RPD

 優れた若手研究者が出産・育児による研究中断後に円滑に研究現場に復帰する環境を整備するため、特別研究員制度の一環として創設された研究活動再開支援フェローシップです。
 特別研究員-RPDの申請資格要件を満たしていれば、年齢・性別を問わず応募することができます。
 また、特別研究員-RPDは趣旨が異なることから、同時に特別研究員-PDへ応募することもできます。(ただし、どちらも採用となった場合は、いずれかを辞退することとなります。)
 特別研究員採用経験者及び現在特別研究員(PD又はSPD・DC2・DC1)に採用されている者も、特別研究員-RPDの申請資格要件を満たしていれば応募することができます。

独立行政法人日本学術振興会ホームページ<<特別研究員>>

このページのトップへ