国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

9.厚生労働科学研究における利益相反マネジメントの実施

 平成20年3月31日に厚生労働省より「厚生労働科学研究における利益相反の管理に関する指針」(以下、指針という)が発出されました。
 指針では、厚生労働科学研究費を受領する機関は利益相反委員会を設置して、利益相反管理を行う義務があり、組織体制や内規の整備等に努めるよう通知され、利益相反マネジメントを実施していない機関においては、厚生労働科学研究費補助金の交付を受けることができないこととされています。
 また、平成27年度からは国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下、AMED)が所管する研究費により行われる研究開発についても、利益相反マネジメントの実施が必要となっております。

そこで、本学においては、上記研究における利益相反マネジメントを下記のとおり実施いたします。

1.対象者
(1)厚生労働省およびAMED対象事業において指針に基づくCOI管理が必要とされる
   研究に関わる本学の教職員等
  (研究代表者、研究分担者の別を問いません)
(2)本学の教職員等が研究代表者となっている上記研究の他機関所属の研究分担者の
   うち、 所属機関において指針Ⅳ.2に定めるCOI委員会が設置されていない者

2.申告期間
  研究課題の応募時から交付申請書の提出時まで、または委託契約を締結するまでの期間

3.提出書類

平成30年度

<主な変更点>
 昨年度(平成29年度)のみ経過措置として、申告書が【新規課題用】と【継続課題用】に分かれておりましたが、今年度は統一しております。
 詳細はこちらの通知(学内専用)をご覧ください。

●研究代表者の提出書類
1.研究計画書または交付申請書の写し、またはそれらに準ずる書類
2.自己申告書

○他機関所属の研究分担者が本学でのマネジメントを委任する場合
(※原則、所属機関にて適切に審査を受けてください。)
 「委任状」及び「当該研究者の申告書」を研究代表者がとりまとめて提出ください。
  その際、申告書は厳封された状態で受け取り、開封せずに提出ください。

●研究分担者の提出書類
1.自己申告書
  本学所属の研究分担者は各自で直接下記へ提出ください。
  (研究代表者がとりまとめての提出も可)

◆書式のダウンロード(平成30年度 厚生労働科学研究/日本医療研究開発機構研究費)◆

  利益相反マネジメント自己申告書 ※提出時、両面印刷推奨
 (他機関所属の研究分担者で本学にマネジメントを依頼する場合も提出)
  記入例:利益相反マネジメント自己申告書
  

厚生労働科学研究における利益相反マネジメントに関する委任状

(記入例)厚生労働科学研究における利益相反マネジメントに関する委任状

 

*参考(平成29年度の申告はこちらの様式を提出ください)
 提出方法:平成29年度厚労科研におけるCOIの実施について
 平成29年度申告書様式:【新規課題用】【継続課題用】

提出先/問い合わせ先
  研究推進・産学連携部産学連携課 利益相反マネジメント担当
  提出は厳封の上、学内便で送付願います。
  Email:coi-office@ml.office.
  (注)E-mailは末尾にosaka-u.ac.jpを付加してください。
  電 話:06-6879-4483,4025

研究

このページのトップへ