国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

「新入留学生交流会」を開催しました

2020年7月9日(木)

 本学では新型コロナウイルス感染症対策のため、オンラインの活動が続いていましたが、6月以降の活動基準変更を受けて、三密を避けながらオフライン(対面)の活動が少しずつ行われるようになっています。
 国際教育交流センターIRIS(留学生交流情報室)をベースとした留学生対象の各種活動も4月以降全てオンラインのものでしたが、少しずつ対面での活動を増やしています。
 その中で、国際教育交流センターと国際部主催にて、2020年春から大阪大学で学ぶ留学生(研究生・非正規生含む)を主な対象とした交流会(7月6日吹田キャンパス(言語:英語)、7月7日豊中キャンパス(言語:日本語))を開催しました。

 両日ともあいにくの雨天にも関わらず、吹田キャンパスでは13名、豊中キャンパスでは21名の留学生が参加しました。

 河原源太理事・副学長の開会の挨拶に続き、

朝野和典医学部附属病院教授による新型コロナウイルスについての講演、

水田一郎キャンパスライフ健康支援センター副センター長・教授によるメンタルヘルスの基礎知識についての講演があり、

最後に、国際教育交流センターより、留学生に役立つ様々な情報について、吹田キャンパスでは魚崎典子特任准教授より、豊中キャンパスでは岡本紗知准教授より、参加学生とのやり取りを交えて講演をいたしました。

 交流会終了後には、それぞれのキャンパスの留学生交流情報室(IRIS)へ移動し、学生同士で交流する時間を設けました。
 新型コロナウイルスの影響で、4月以降ほとんどキャンパスに来る機会がないまま、不安な気持ちを抱えた学生もいましたが、この交流会に参加して、学生同士楽しく交流する姿が見られました。

               

        

このページのトップへ