国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会と連携協定を締結

2019年6月12日(水)

5月28日(火)、大阪大学とワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会は、ワールドマスターズゲームズ2021関西の成功、我が国のスポーツ医科学の発展と人材育成推進を目的として、連携協定を締結しました。

この連携により、具体的な活動として、例えば、スポーツの現場において、スポーツ医科学研究の活動を行うことや、トップ選手の協力による競技データ等を用いたエビデンス検証、さらに競技団体に対しては、アカデミアの参画によって、スポーツを通じた健康教育や外傷・障害への知識レクチャーなどの実施などを予定しています。

締結式では、大阪大学 西尾章治郎総長とワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会 木下博夫事務総長が、協定書にサインした後、握手を交わし、今後の連携・協力を確認しました。

 

(連携・協力事項)

・知識・情報の有効活用に関する事項
・人材の育成・交流に関する事項
・大会の広報・啓発活動に関する事項
・その他協定の目的を達成するために必要な事項

 

wmg2021kansai

 

ワールドマスターズゲームズ2021関西について

国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が4年ごとに主宰する、概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰でも参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会です。オリンピック・パラリンピック競技大会の翌年に開催され、第10回となる2021年には、関西広域(13府県政令市)を舞台に、過去最大規模となる国内外5万人参加を目標に、アジア圏初となる「ワールドマスターズゲームズ2021関西」が開催されます。

ワールドマスターズゲームズ2021関西のHPはこちら

このページのトップへ