国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

第1回日本オープンイノベーション大賞(文部科学大臣賞)を受賞しました 基礎研究段階からの産学共創 ~組織 対 組織の連携~

2019年2月5日(火)

 このたび、大阪大学と中外製薬株式会社、大塚製薬株式会社およびダイキン工業株式会社は、わが国のオープンイノベーションをさらに推進するために新たに創設された、第1回 日本オープンイノベーション大賞の文部科学大臣賞を受賞しました。

 この受賞は、大阪大学と各社との間で進めてきた包括連携にもとづく「組織」対「組織」による基礎研究段階からの産学共創が高く評価されたことによるものです。

 表彰式は3月5日(火)に虎ノ門ヒルズ森タワー4階ホールBで執り行われる予定です。

 大阪大学と各社は、創薬分野と情報分野において、基礎研究から応用研究までのシームレスな連携体制を構築し、長期的なオープンイノベーションの実現を目指しています。

 取組みの詳細についてはこちら

 なお、本件は、関係4者による共同でプレスリリースを行っています。
 リリース原稿についてはこちら(PDF)

総長コメント

 このたびは、中外製薬、大塚製薬およびダイキン工業の各社様とともに、栄えある第1回日本オープンイノベーション大賞において文部科学大臣賞を受賞することができましたことは、本学にとって大変光栄なことであり、心より嬉しく存じます。

 大阪大学は、中外製薬および大塚製薬との間で締結した創薬分野の包括連携のもと、免疫学領域において研究者独自の自由な発想にもとづく研究を推進し、High Impact論文を数多く発表するなどの卓抜した成果を上げています。また、ダイキン工業との間で締結した情報分野の包括連携では、社会課題解決型の23テーマにも及ぶ共同研究やAI人材育成を進めています。

 本受賞を励みに、大阪大学では、産学共創をこれまで以上に強力に実践し、わが国のオープンイノベーションの推進に大きく貢献してまいります。

日本オープンイノベーション大賞とは

 わが国のオープンイノベーションをさらに推進するために、今後のロールモデルとして期待される先導性や独創性の高い取組を称えることを目的とした表彰で、産学官連携功労者表彰(過去15回実施)を発展させ、新たに創設されました。

 日本オープンイノベーション大賞について 

 共創推進部 産学共創課

このページのトップへ