国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

三井不動産とEXPOCITYにおける教育、研究、共創事業等に向けた連携協定を締結しました

2018年3月16日(金)

 3月16日(金)、大阪大学と三井不動産株式会社は、三井不動産が運営する大型複合施設EXPOCITYにおいて、大阪大学研究者が、教育、研究、共創事業等を行うことで、EXPOCITYに『学ぶ』楽しさを感じられる空間を創出し、地域社会に貢献することを目的とした連携協定を締結しました。

 本学が地域の発展・活性化を目指して、不動産会社と連携協定を締結するのは初めてのことです。

 「社会の支援によって創設された大学」をその原点とする本学は、「地域に生き世界に伸びる」をモットーとして、「University in Society,University for Society」の精神のもと、平成30年1月に共創機構を設置し、社会と大学の有する「知と力」を合わせて、新たな「知と力」を創り出す「共創(Co-creation)」を強力に推進しています。

 この連携によって、知の集団である本学と、「まちづくり」を推進する三井不動産は両者の強みを生かして、人材育成事業、実証実験の実施、サイエンスカフェの開催など幅広い分野で協働し、大阪北摂地域を中心とした地域社会の発展・活性化を図ってまいります。

 ららぽーとEXPOCITYで開催された調印式では、小川哲生理事・副学長(共創推進担当)と尾崎 昌利常務執行役員関西支社長が、協定書にサインした後、握手を交わし、今後の連携・協力を確認しました。

 本学と三井不動産の連携による今後の主な取組みは別紙のとおりです。

このページのトップへ