最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

平成29年度海外への研究者派遣プログラム/海外からの研究者受入れプログラム(第2回)を選定

2017年7月7日(金)

国際共著論文の執筆や将来の国際ジョイントラボの設置など、今後の展開が期待できる派遣/受入れ計画を支援することにより、本学における国際共同研究の機会を増加させ、研究力強化に資することを目的とし、「海外への研究者派遣プログラム/海外からの研究者受入れプログラム 」を実施しています。平成29年度第2回(8月開始分)として、下記の課題を採択しました。引き続き、第3回(11月以降開始分)を募集中です。

支援内容

本学研究者が海外の研究機関に滞在して共同研究を行う計画、本学研究者が海外の研究者を受入れ共同研究を行う計画に、旅費・滞在費を支援する。

  ・派 遣:短期/上限100万円

  ・受入れ:短期/上限150万円 

採択結果

派遣

氏名

所属

職名

課題名

派遣先機関名(国名)

前薗葉月

歯学研究科

助教

オーラルバイオフィルム感染症に対する新規物理化学的制御法の開発

(Development of novel physicochemical strategy for oral biofilm infections)

ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)

榮永茉利

基礎工学研究科

特任助教(常勤)

硫化水素の超高圧下磁化率測定に向けたDACの開発

(Development of DAC for susceptibility measurement of superconductivity of sulfur hydride under ultra-high pressure)

マックスプランク化学研究所(ドイツ)

受入れ

氏名

所属

職名

課題名

受入れ対象者

西原理

経済学研究科

准教授

ダイナミックコーポレートファイナンスの研究

(Studies on dynamic corporate finance)

Chuanqian Zhang助教

ウィリアム・パターソン大学(米国)

このページのトップへ