国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

理系進学を考えているあなたへ のぞいてみよう! 理系女子の「いま」―SciTech Girls in Handai― を開催しました

2017年6月20日(火)

 平成29年6月3日(土)13時~17時、大阪大学豊中キャンパス(全学教育推進機構)において『理系進学を考えているあなたへ のぞいてみよう! 理系女子の「いま」―SciTech Girls in Handai―』を開催しました。

 このイベントは、理系で学ぶことの楽しさや理系の魅力、理系学生の将来のキャリアを知ってもらい、女子中高生の理系進路選択を応援したいと、本学が初めて開催したイベントです。当日は180名を超える女子中高生と60名を超える保護者や引率教員が来校され、遠くは高知県や愛知県などからお越し頂きました。ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ事業の協力企業である、大阪ガス、パナソニック、新日鐵住金、ダイキン工業、NTT西日本、日立造船の6社には、企業ブースを設置していただきました。

今回のイベントでは5つの企画を実施。どれも非常に好評でした。

・聞いてみよう! 女子トーク

 生命機能研究科の大学院生、ダイキン工業で活躍する女性技術者、接合科学研究所の梅田純子准教授の語る学生生活や研究活動、キャリア選択をめぐる話題に、中高生と保護者たちは真剣な表情で耳を傾けていました。

理系(聞いてみよう)

・触れてみよう! 理系女子の現場 企業ブース

 工夫を凝らした各ブースでは、女性研究者が、企業での研究活動の面白さ、女性技術者のキャリアパスやライフイベントに対する企業の支援などを説明。イベント終了後も女子学生が熱心に女性技術者の説明に耳を傾ける姿が見られました。

理系(企業ブース)

・触れてみよう! 理系女子の現場 阪大ブース

 理学部、工学部、基礎工学部の計13研究室から14名の女子大学院生が参加し、研究室の研究内容や、研究室での日々の生活について紹介しました。いずれのブースでも女子学生と中高生の交流が見られました。

理系(阪大ブース)

・しゃべってみよう! 現役女子学生による進路相談会

 中高生145名の他、保護者・教員29名も訪れました。受験勉強や進路選択のしかた、学部の特徴、大学の授業や学校生活の様子など多岐にわたる内容の相談に、理学・工学・基礎工学・保健学・歯学・薬学を学ぶ学生と大学院生18名が丁寧に説明しました。

理系(進路相談)

・やってみよう! 実験デモンストレーション

 「大地を構成する地殻の鉱物のミクロな姿を観察する」と題して、偏光顕微鏡と走査型電子顕微鏡を用いて、普段、何気なく観ている岩石の意外な一面を実際に自分で実験装置を操作して観察しました。参加者は、自分で操作する面白さや科学の奥の深さを実感できたと感動していました。

 理系(実験4)

 

 参加者のアンケートからは、「すごくためになった」「阪大のイメージが変わった」「進学への意欲が高まった」などイベントに満足して頂けた回答が多数寄せられた一方、「時間が足りず全てに参加できなかった」など、今後の企画に際して考慮する必要がある課題もありました。

理系(受付)

このページのトップへ