最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

クラウス・フォン・クリッツィング博士(1985年ノーベル物理学賞受賞)に大阪大学名誉学位を授与

2017年3月8日(水)

 ドイツ連邦共和国のマックス・プランク研究所のクラウス・フォン・クリッツィング博士は、1986年に本学の難波進教授(当時)らが設立した、日本学術振興会「極限構造電子物性」第151委員会が主催する国際シンポジウムの組織委員を長年務めるなど、大阪大学の学術文化の発展に顕著な貢献をしてこられました。

 大阪大学では、これまでの功績をたたえ、3月7日(火)、クラウス・フォン・クリッツィング博士に大阪大学名誉学位を授与しました。

 大阪大学名誉学位の称号は、国際文化交流を通じ、大阪大学の教育研究上、功績が特に顕著であった外国人に授与するもので、クラウス・フォン・クリッツィング博士は6人目の称号取得者となります。

 

過去の大阪大学名誉学位授与者

・南部 陽一郎氏(アメリカ合衆国)(平成7年12月13日)
・オット ヴォーグル氏(アメリカ合衆国)(平成8年7月17日)
・ジョージ クライン氏(スウェーデン王国)(平成13年4月18日)
・マタンカソンバット ポンチャイ氏(タイ王国)(平成19年7月18日)
・ウラディミール フォルトフ氏(ロシア連邦)(平成27年6月9日)

 

 

このページのトップへ