最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

放射性物質の漏えいについて(第1報)

2016年3月15日(火)

本学の放射性同位元素(以下、RI)取扱施設の自主点検中に、RI三次洗浄水用排水管の地下埋設部分の一部で亀裂が発見されました。周囲の土壌調査を行った結果、本日(15日)放射性物質の漏えいと汚染を確認いたしました。直ちに原子力規制庁へ報告するとともに、対応を行っております。

土壌の汚染状況は、亀裂付近でセシウム137が数 Bq/g、マンガン54が0.数 Bq/g (いずれも暫定値)であります。土壌汚染の濃度は下限濃度(いずれも10Bq/g)*以下であり、人体及び環境への影響はないと考えられるレベルにあります。

*放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律 で規定された放射性同位元素として取り扱う必要のある濃度

 

【リンク】
放射性物質の漏えいについて(第2報)[3/16]

このページのトップへ