最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

グローバルリーダーズハイスクール(GLHS)合同発表会を開催しました

2016年2月18日(木)

大阪府教育委員会および大阪大学は、2月13日(土)に同教委が指定する10校の進学指導特色校(グローバルリーダーズハイスクール(GLHS))の生徒による合同発表会を、豊中キャンパスの大阪大学会館で開催しました。

この発表会は、GLHSの生徒が人文科学、社会科学、自然科学の各領域に関する課題研究の成果を発表することにより、互いに刺激を受け、切磋琢磨し、学習や進路に関する意欲を高めるとともに、問題解決能力やプレゼンテーション能力を向上させることを目的として実施するもので、平成25年に双方が締結した連携協定に基づき、大阪大学での開催は4回目となりました。

冒頭、和田良彦同教委教育監の挨拶の後、本学の下田正全学教育推進機構長からは、「考える力、物事の本質をつかむ力を養うために、普段の学びのあり方を見直す機会にしてほしい」との期待が寄せられました。各校代表生徒らによる成果発表は、生徒自らが設定した課題について要旨を英語で説明後、英語・日本語を交えて発表されるもので、最初の発表を務めた府立天王寺高等学校は、「大学入試『英語』の改革~英語教育のスムーズな改革のために~」と題し、文部科学省が推進する英語教育改革の方向性について調査、分析等を行い、大学入試における「英語科目」の改革のあり方について考察を行った発表が行われました。このように各校の発表内容およびレベルは年々向上しており、発表内容を審査した各委員からも高い評価がありました。

続く、GLHS各校の生徒によるアメリカ海外研修報告では、ハーバード大学等の世界トップレベルの大学講義を受講し、大学生と語り合うことで、グローバルリーダーになるためには何事にも決して諦めずに取り組むことが大切であることが報告されました。

最後の講評及び表彰式では、審査委員を務めたGLHS評価審議会委員の浅野良一兵庫教育大学教授から「取り組んだ研究の意義を自らの言葉で語れる人間になってほしい」、また、進藤修一本学副理事から「知的関心を持ち続け、それを外国語でプレゼンテーションできる力を身に付けてほしい」との激励の言葉が贈られ、最後に優秀校に選ばれた府立高津高等学校と府立三国丘高等学校には表彰状が授与されました。

glhs2
アメリカ海外研修報告を行う高校生

このページのトップへ