最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

大阪大学は平成29年度から「世界適塾入試」を導入します

2015年3月4日(水)

大阪大学は、平成29年度から、「世界適塾入試」を導入します。
「世界適塾入試」は、本学の各学部で実施するAO入試、推薦入試の総称で、グローバル社会で活躍する優れた人材を多様に集積することを狙いとしています。そのため、多様な資質、能力を持った人、目的意識や意欲に溢れた人を大阪大学は集めたいと考えています。募集人員は、平成31年度に入学定員の約10%と設定します。
「世界適塾入試」の導入に伴い、現在行われている一般入試後期日程は平成29年度入試から募集を停止します。

3月3日(火)、吹田キャンパスの銀杏会館で記者発表を行いました。

記者発表資料
平成29年度「世界適塾入試」の導入
平成29年度大阪大学世界適塾入試(概要)

記者会見写真

 

大阪大学は適塾を原点としています。22世紀を見据えて、大阪大学は世界適塾として世界でトップ10に入る研究型総合大学を目指しています。その理念は「学問による調和ある多様性の創造」です。
世界は様々な人々、言語、習慣、文化や宗教などの多様性にあふれています。多様性は心豊かな人類の発展に不可欠ですが、対立も引き起こします。学問は、スポーツ、芸術や経済活動などと同じく人類共通言語です。大阪大学は学問を介して人々を世界中から集め、世界で活躍する人材を輩出することにより、調和ある多様性の創造を行います。そして、人類社会の発展に貢献していきます。このための様々な教育プログラムを準備するとともに開発していきます。
世界適塾入試は世界に羽ばたく高い志を有する有能な若者を大阪大学に一人でも多く来ていただきたいという思いで創設しました。従来の学力のみにとらわれない、皆様一人一人の実績ややる気を重視する入試プログラムです。一人でも多くの皆さんが、世界適塾入試を経て大阪大学に入学されることを楽しみにしています。

大阪大学総長 平野俊夫

このページのトップへ