国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

大阪府能勢町と包括協定を締結しました

2015年2月19日(木)

2月17日(火)、本学と大阪府能勢町は連携協力に関する包括協定を締結しました。各々が有する資源の活用を図り、教育、研究、文化の振興、まちづくり等の様々な分野において活動の充実を図るとともに、地域連携を推進し、両者の発展および活性化に寄与することを目的としたものです。

以前から、歴史的にも価値のある能勢町の浄瑠璃を、本学文学研究科の演劇学の講義で取り入れたり、能勢町中学生の英語授業に本学留学生を派遣するなどの事業を進める等、相互交流が進められてきましたが、今回の協定締結により、さらなる人的、物的交流が期待されます。

調印式では、平野俊夫総長と山口禎能勢町長が、協定書にサインした後、握手を交わし、今後の連携・協力を確認しました。

なお、本学の自治体との協定は、能勢町で10自治体となりますが、「町」との協定は初めてです。今回の協定により、能勢町の自然豊かな里山フィールドを、本学の留学生や構成員が日本文化の再発見の場として活用したり、日本の地方自治体が抱える少子高齢化、教育問題などの調査・研究のケースタディとするなど、様々な取り組みを進める基盤ができました。

能勢町調印式1(調印)
協定式の様子

能勢町調印式2(握手)
握手を交わす平野総長(左)と山口町長(右)

このページのトップへ