国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
ニュース&トピックス

「適塾」、今日から一般公開

2014年5月15日(木)

5月14日(水)、大阪大学が保存管理する適塾(史跡・重要文化財)の耐震改修工事が終わり、関係者への内覧会を行いました。

重要文化財の同工事では、全国で初めて複合鋼板耐震壁を採用するなど、文化財に影響が出ない工法での耐震補強を施しました。(適塾は推定200年以上前の建築物)

大阪大学の源流である適塾が開かれてから今年で176年になり、大阪大学との関わりを記した木製看板も新しく取り換えました。

内覧会には近くの開平小学校の4年生児童20名を招待し、適塾を見学してもらいました。

児童たちは緒方洪庵から5代目にあたる緒方惟之(これゆき)さんから歓迎の言葉をかけられたあと、平野俊夫総長の説明に、「緒方洪庵、福澤諭吉知ってる」など元気に答えていました。

 

5月15日から一般公開します。また、今回の改修の様子を説明する特別展「適塾平成の改修-歴史遺産を未来へ-」(5/15~6/15)を同時開催します。

20140514_0856
適塾前でのテープカット。左から坂本忠宣NHK大阪放送局長、緒方惟之さん、平野総長
20140514_0911
改修工事の説明を聞く出席者。(中央は熊谷信昭元総長、後は平野総長)

複合鋼板耐震壁
20140514_0943
緒方さんから適塾の説明を聞く児童たち。
20140514_0969
平野総長を囲んで熱心に説明を聞く児童たち。
20140514_0971
平野総長から児童(大重幸之介さん)に記念品が手渡されました。
20140514_1005
適塾資料を見ながらメモを取る児童たち。左は適塾記念センターの廣川和花准教授。
20140514_1023
新調した適塾案内板。

 


関連リンク

記念企画、イベント

適塾

適塾記念センター

このページのトップへ