国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

籾殻とCNTコーティングのトップランナー 文系から転身、理系研究者の道へ【接合科学研究所・助教・梅田純子】

香ばしい籾殻の香りと煙の中で「実は私、文系出身なんです」と笑う接合科学研究所の梅田純子助教。学生時代は社会福祉学を専攻したが、縁あって研究の道に進んだ。

「革新的なカーボンナノチューブ(CNT)のコーティング技術」が評価され、今年の総長奨励賞を受賞。CNT研究を進めるステップになったのは、籾殻からエネルギーと同時に高純度のシリカを抽出する研究。そのシリカの多孔質吸着性を利用しCNTとマグネシウムの複合材料を目指したのが今の研究につながる。現在は、チタンとCNTの混合素材から、凝着性の少ない強度ある新素材を研究している。

「どんな現象が起きているのか、イメージするのが難しい。わからないことは学生にも素直に聞く。私よりも周りの方の忍耐が試されます」

研究成果を社会に還元することを常に考える。鉄などにかわるチタン材料は、製品の軽量化や、強化にも期待される。「籾殻の研究も継続し、将来的には東南アジアの農村の生活向上につなげたい」と、社会福祉の視点も忘れない。

 

[総長奨励賞]

若手教員のうち教育又は研究の業績があると認められ将来活躍することが期待される者を顕彰し奨励することを目的としている。

 

(本記事の内容は、2013年12月大阪大学NewsLetterに掲載されたものです)

最新情報

このページのトップへ