国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

在学生
イベント情報

【満員御礼】受付終了いたしました【2019年6月30日開催】阪大生限定!みんぱくディスカバリーツアー

2019年6月30日 (日) 10:30から

minpaku_event20190630

【満員御礼】
定員に達したため、本イベントの受付は終了いたしました。

 

「みんぱく」って聞いたことありますか?

「国立民族学博物館」、略して「みんぱく」は、阪大吹田キャンパスの隣、太陽の塔で有名な万博記念公園の中にあり、世界各国の民族の生活文化や民族衣装、住まいなどを展示した世界最大級の博物館機能と大学院教育の機能を備えた文化人類学・民族学の研究所として世界唯一なんです。
みんぱくには、世界を9つの地域に分けた地域展示と、音楽・言語をテーマにした通文化展示があります。
みんぱくにあるたくさんの資料は、みんぱくの研究者が、世界各国を訪問して収集したもので、その数なんと約34万点! 展示場に出ている資料はほんの一部で、この約28倍もの資料が、裏側(収蔵庫)でスタンバイしています。今回初めて実施する、この「阪大生限定!みんぱくディスカバリーツアー」では、その収蔵庫も特別に見せていただけるとのこと。博物館のバックヤードが見られるなんて滅多にない貴重な機会ですよ!

「阪大生限定!みんぱくディスカバリーツアー」に参加すれば、1日で世界一周ができ、地図ではわからない超ディープな世界に身も心もダイブできること間違いなしです。
阪大生の皆さん、大阪大学のちかくにある世界最大級の文化人類学・民族学博物館の貴重なツアーへ参加しよう!

申込みは、こちらから!

開催概要

○開催日時:
    2019年6月30日(日) 10:30~15:30
  ※10:30までに国立民族学博物館2階 第5セミナー室へお越しください。
 ○開催場所:
  国立民族学博物館(大阪府吹田市千里万博公園10-1)
  大阪モノレール万博記念公園駅又は公園東口駅から徒歩約15分
  http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access
○持ち物:
  学生証、昼食
○参加費用:
  無料
○開催プログラム:
  <講義>フィードワーク体験記、若手研究員による研究紹介、展示を一緒に見る人同士が仲良くなるためのコツ紹介
  <見学>展示解説、収蔵庫、図書室
  <訪問>館長のお仕事紹介
  <活動紹介>ボランティア団体の紹介、ポスター展示発表
  最初にガイダンスを受けた後は15:10の最終集合時間まで、興味のある個別プログラムへ参加するもよし、展示を自由見学するもよし、みんぱく館内で過ごしていただきます。
○定員:
  先着60名 (定員に達し次第、申込受付終了します。)

主催

  大阪大学、国立民族学博物館

本件についての問合せ先

  教育・学生支援部教育企画課総務係
  MAIL:gakusei-gakumu-soumu[at]office.osaka-u.ac.jp
  ※メール送信時には[at]を@に置き換えてください。

関連リンク

  国立民族学博物館

 


このページのトップへ