国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

国際交流・留学

海外からの来訪(2019年度)

●「日中植林・植樹国際連帯事業」北京大学学生訪日団 大阪大学訪問・交流会を実施

2019年7月24日(水)に北京大学学生訪日団95名(団長、引率含む)が、大阪大学を訪問しました。同訪日団は、外務省の推進する「日中植林・植樹国際連帯事業」の一環として、(公財)日中友好会館が招聘したもので、植樹活動や環境・防災関連施設の視察、大学訪問などを行い、日本についての多面的な理解と日中両国青少年の友好促進を目的としています。

 訪日団は、溶接・接合技術の分野で、世界のリーダー的な役割を担う接合科学研究所を訪問しました。 最初に小溝裕一東アジア拠点長、高静北京大学訪日団団長よりの代表挨拶の後、記念品交換を行いました。次いで、グローバルイニシアティブ・センターの李明助教による本学紹介、接合科学研究所PR動画(英語版)の上映の後、同研究所の藤井英俊副所長による「鋼を溶かさず溶接する」と題した学術講演を行いました。同研究所の劉恢弘助教による中国語同時通訳のもと、従来の接合技術では不可能であった「炭素量に関係なく接合する技術」(特許取得済)を聴講した北京大学学生からは、「日本の大学の授業の雰囲気を味わうことができた」「最先端の研究内容を聞くことができ刺激を受けた」などの感想がありました。

 後半には、大阪大学の学生とともに、小溝センター長の進行によりグループワークを行いました。日中関係を初め、日中間の大学生活や就職事情の違いなどをテーマに、両大学の若者たちによる活発で真摯なディスカッションが進められ、本事業の目的である日本の最先端の研究の理解と、日中両国の青少年の友好、親睦を図ることができました。

 北京大学の学生からは、「日中の学生の考え方・感じ方を互いに知ることができた」、「国は違えど学生同士故に共通点も多く、新たな発見もあった」との感想があり、受け入れる側である大阪大学の学生のうち、鳥海篤さん(理学研究科物理学専攻博士前期課程2年)は、「中国のトップである北京大学の学生たちと交流する機会を得ることができて非常に貴重な経験となった。若い世代は個人レベルまたアニメ漫画文化での交流が盛んなので、その我々が大人になり国作りの中心となって、良い関係を気づいていけるのではないかという建設的な議論ができて非常に有意義だった」と語りました。

 最後には、田中同研究所所長も加わり「日本で最先端の研究を行う大阪大学、特に接合科学研究所に是非とも留学していただきたい」とエールを送り、全員集合の記念写真撮影を行い終了しました。

記念品交換をする小溝裕一東アジア拠点長と高静北京大学訪日団団長

グローバルイニシアティブ・センターの李明助教による「大阪大学紹介」

 

 接合科学研究所副所長藤井英俊教授による学術講演「鋼を溶かさず溶接する」

接合科学研究所劉恢弘助教による中国語同時通訳を熱心に聴く北京大学学生の様子

グループワークを進行する小溝センター長

グループワーク中の様子

 

接合科学研究所、実験研究棟前にて 田中所長を囲んでの集合写真

●「The 1st SEAMEO RIHED-JANU Seminar and Study Visit to Japan」参加者ご一行の来訪について

2019年6月24日(月)、国立大学協会とSEAMEO-RIHED(東南アジア教育大臣機構 高等教育開発地域センター)が共催の交流事業「The 1st SEAMEO RIHED-JANU Seminar and Study Visit to Japan」の参加者・関係者22名が来学されました。午前中は国立大学協会による「Half-day Seminar」が開催され、小川哲生 理事・副学長が冒頭の挨拶を行いました。本学による午後のプログラムでは平田收正 副理事が本学のASEANキャンパスの紹介を、工学研究科の原圭史郎 准教授、黒田真史 助教がオープンイノベーション教育研究センター、フューチャー・デザイン部門の紹介をそれぞれ行い、活発な質疑応答がありました。

共創イノベーション棟会議室1にて

 

駐日欧州連合代表部一行の来訪について

2019年6月13日(木)、駐日欧州連合代表部及びEU各国の駐日大使館・領事館関係者など13名が河原源太 理事・副学長を表敬訪問されました。本学からは、先導的学際研究機構の浅田稔 特任教授、グローバルイニシアティブ・センターの大林小織 准教授、住吉賢司 国際部長が同席し、AI、ロボティクス等の最先端の研究分野での連携の可能性や、その社会的なインパクト、今後の教育の課題など、多岐にわたる議論が行われました。表敬訪問後、ご一行は工学研究科を訪問されました。

表敬訪問後、共創イノベーション棟前にて

 

ベトナム共和国・ハノイ大学学長の来訪について

2019年6月7日(金)、ハノイ大学のNguyen Van Trao 学長他3名が河原源太 理事・副学長を表敬訪問されました。本学からは、日本語日本文化教育センターの加藤均 センター長、言語文化研究科の清水政明 教授が同席し、両大学の今後の連携について懇談が行われました。表敬訪問後、ご一行は箕面キャンパスの日本語日本文化教育センターを訪問されました。

表敬訪問後、共創イノベーション棟会議室1にて

 

ドイツ連邦共和国・ダルムシュタット工科大学学長の来訪について

2019年6月6日(木)、ダルムシュタット工科大学のHans Jürgen Prömel 学長他1名が西尾章治郎 総長を表敬訪問されました。本学からは河原源太 理事・副学長、林政伸 国際企画課長が同席し、大学間学術交流協定を視野に入れた両大学のさらなる連携について意見交換が行われました。

表敬訪問後、301会議室にて

 

●ベトナム共和国・ハノイ工科大学の来訪について

2019年5月21日(火)、ハノイ工科大学のDinh Van Phong 副学長他2名が河原源太 理事・副学長を表敬訪問されました。本学からは、接合科学研究所の田中学 所長、勝又美穂子 特任准教授、住吉賢司 国際部長が同席し、ベトナム溶接技術研究所の設立に係る連携合意書の調印および意見交換が行われました。表敬訪問後、御一行は接合科学研究所を訪問されました。

表敬訪問後、来賓室にて

 

●中華人民共和国・中国現代国際関係研究院(CICIR)の来訪について

2019年5月16日(木)、中国現代国際関係研究院(CICIR)のMengzi FU 副所長ほか5名が河原源太 理事・副学長を表敬訪問されました。本学からは、経済学研究科の谷崎久志研究科長、国際公共研究科の松野明久 研究科長、石瀬寛和 准教授、グローバルイニシアティブ・センターの李明 特任助教が同席し、G20サミット、貿易紛争解決などについての意見交換が行われました。

表敬訪問後、共創イノベーション棟会議室1にて

 

●ブルネイ・ダルサラーム国 スルタン・シェリフ・アリー・イスラミック大学の来訪について

2019年4月24日(水)、ブルネイのスルタン・シェリフ・アリー・イスラミック大学Dr. Haji Norarfan bin Haji Zainal 副学長が西尾章治郎 総長を表敬訪問されました。本学からは河原源太 理事・副学長、薬学研究科の平田收正 教授、工学研究科の民谷栄一 教授、グローバルイニシアティブ・センターのHasan Quamrul 特任教授、住村欣範 准教授、住吉賢司 国際部長が同席し、ハラル・サイエンス等の分野における連携や、ASEANキャンパスにおける協力内容について意見交換が行われました。表敬訪問後、御一行は箕面キャンパスの外国語学部や外国学図書館等を訪問されました。

表敬訪問後、共創イノベーション棟会議室1にて

 

●駐ブルネイ日本国大使の来訪について

2019年4月18日(木)、加藤元彦 駐ブルネイ日本国大使が西尾章治郎 総長を表敬訪問されました。本学からは河原源太 理事・副学長、薬学研究科の平田收正 教授、住吉賢司 国際部長が同席し、ブルネイの大学等と本学の学術交流等について懇談が行われました。表敬訪問後、加藤大使は、IRIS(大阪大学国際教育交流センター・留学生交流情報室)を訪問されました。

表敬訪問後、総長室にて

 

●ブルネイ・ダルサラーム国 ブルネイ・ダルサラーム大学の来訪について

2019年4月18日(木)、ブルネイ・ダルサラーム大学のDatin Dr Hajah Anita BZ Adbdul Azi 副学長他3名が西尾章治郎 総長を表敬訪問されました。本学からは河原源太 理事・副学長、薬学研究科の平田收正 教授、荒井雅吉 特任教授、工学研究科の民谷栄一 教授、グローバルイニシアティブ・センターのHasan Quamrul 特任教授、住村欣範 准教授、住吉賢司 国際部長が同席し、大阪大学ASEANキャンパス・ブルネイにおける教育・研究の連携のさらなる推進等について懇談が行われました。表敬訪問後、御一行はIFReC、BIKEN財団、生物工学国際交流センター等を訪問されました。

表敬訪問後、301会議室にて 

このページのトップへ