国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

奨学生の募集について

1.概要

 日本学生支援機構奨学金【貸与型奨学金】は、第一種奨学金(無利子)と第二種奨学金(有利子)があり、ともに、学業、人物ともに優れ、かつ、健康であって、経済的理由により学資の支弁が困難と認められる者に貸与される制度です。

 なお、学部進学者を対象とした【給付型奨学金】制度が創設されました。詳細はこちら

 

 【貸与型奨学金】を希望する場合、以下の申請区分があります。

 1.本学の学部または大学院に入学予定の方 → 予約採用秋季入学者採用

 2.現在、本学の学部または大学院に在籍中の方 → 在学採用臨時採用

 3.上記2に該当する方で、1年以内に家計が急変した方 → 緊急採用・応急採用

 

<注>

・奨学生の採用には、採用基準が設けられており、申請者全員が採用されるとは限りません。

・休学中・留年中の方は申請資格がありません。

・外国人留学生は貸与の対象となりません。

・留学を希望する方向けの奨学金については、国際部国際学生交流課にお問い合わせください。  詳細は、こちら

 

 

2.貸与月額について

 奨学金の月額は、奨学生の種類に応じて次のとおりとなっています。なお、法科大学院において、第二種150,000円を選択した場合、40,000円又は 70,000円の増額貸与を受けることができます。

奨学生の種類 貸与月額
大学第一種奨学生
(無利子)
自宅通学 30,000円、 45,000 円
から選択
自宅外通学 30,000円、 51,000 円
から選択
大学第二種奨学生
(有利子)
30,000円、50,000円、80,000円、 100,000円、120,000円
の中から希望する金額を選択
大学院第一種奨学生
(無利子)
博士前期
(修士)課程
50,000円、 88,000 円
から選択
博士後期
(博士)課程
80,000円、 122,000 円
から選択
大学院第二種奨学生
(有利子)
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円
の中から希望する金額を選択

 

 

3.申請する前に

 日本学生支援機構の奨学金は、学生本人に貸与されるものであり、貸与終了後に返還する義務があります。ご自身の経済状況や卒業後の生活設計等を考慮し、修学に必要となる額を慎重に検討したうえで、申請してください。

 日本学生支援機構の下記Webサイトでは、奨学金の貸与総額や返還額などを試算することができます。月々の返還額や返還期間などを把握することが出来ますので、申請を検討する際の参考にしてください。

奨学金貸与・返還シミュレーション http://simulation.sas.jasso.go.jp/simulation/ 

 

 

4.募集について

①予約採用

<学部生> ※高校学校等で、採用候補者となっている方が対象です。

現在お知らせはありません。

 

<大学院生>

平成30年4月に大学院入学予定の方を対象とした予約採用「実施対象研究科」はこちら

 

①平成29年12月14日(木)~平成30年1月11日(木)受付分(平成30年4月に大学院(医学系研究科保健学専攻(博士前期課程)、高等司法研究科)へ入学予定の方対象)

○書類受付結果について(平成30年1月18日更新) ※選考結果ではありません。選考結果は平成30年3月28日(水)17時までに発表します。

 申請した方は以下の「書類受付結果」を確認の上、不備がある場合は平成30年1月25日(木)17時までに解消してください。

書類受付結果」はこちら <期限までに不備が解消されない場合、選考不可となります>

 

 

②平成29年9月7日(木)~平成29年9月29日(金)受付分

○選考結果について(平成30年1月11日更新)

申請した方は以下選考結果を確認してください。

選考結果」はこちら

 

採用候補者の手続きについて(平成30年1月30日更新)

平成30年度予約採用の採用候補者になっている方は以下の「採用候補者の手引き」を熟読し、期限内に手続きを行ってください。

・「採用候補者の手引き

・「採用候補者手続きQ&A

・「再交付願

 

※予約採用で申請しなかった方も、「在学採用」で新規申請することができます(募集要項等は平成30年3月下旬掲載予定)。

 

②在学採用

<学部生・大学院生>

成29年度在学採用(学部・大学院)は終了しました。

在学採用は各年度で1回しか実施されません。

平成30年度在学採用(学部・大学院)の詳細については、2018年3月下旬頃、このページ上で通知します。

平成29年度の在学採用は終了していますが、以下は参考として掲載しています。 

 

参考<平成29年度・手続きの流れ>

●3月下旬~

「奨学金を希望する皆さんへ」(学部生用大学院生用を熟読の上、必要書類を確認・取得

 

●4月

「スカラネット下書き用紙」(学部生用大学院生用をもとに、スカラネット登録及び準備した書類を提出【期日厳守】

 

●5月~6月

書類受付結果発表、不備や不明点を解消

学内選考

 

●7月

 採用者発表・採用手続き

 

③秋季入学者採用

○平成29年度秋季入学者採用(大学院)は終了しました。

 

 

④緊急採用・応急採用

家計支持者の失職や被災等により家計が急変し、奨学金を必要とする学生が対象です。

・緊急採用(第一種奨学金)<無利子。奨学金の貸与は原則、採用年度末まで。>

・応急採用(第二種奨学金)<有利子。奨学金の貸与は標準修業年限が終了するまで。>

 

下記1.若しくは2.に該当する場合が対象となります。

 

1.家計急変

家計支持者が、失職・破産・会社の倒産・事故・病気・死亡等または火災・風水害による被災等により家計が急変した学生が対象となります。(家計急変の事由が発生していない時点では申請できません。)

詳細はこちら

★よくある質問はこちら

 

2.災害救助法適用地域

災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該災害により家計が急変した学生が対象となります。
詳細はこちら

災害救助法適用地域(日本学生支援機構ホームページ)

 

※参考:日本学生支援機構ホームページ

 http://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kinkyu_okyu/index.html 

 

⑤臨時採用

○平成29年度臨時採用(学部・大学院)は終了しました。

 


⑥給付型奨学金

平成29年度の募集は終了しました。 平成30年度以降は、大学進学前に高校学校等で「採用候補者」となっている方が対象となります。

制度の詳細は、こちら

 

※以下、平成29年度募集時のお知らせを参考として掲載しています。

<申請資格>

平成29年度学部入学者のうち、社会的養護を必要とする方が対象です。

※「社会的養護を必要とする方」とは、18歳時点で、児童福祉法上(昭和22年法律第164号)の措置として次の施設等に入所していた又は養育されていた人を指します。

 児童養護施設(同法第41条)、児童心理治療施設(同法第43条の2)、児童自立支援施設(同法第44条)、児童自立生活援助事業(自立援助ホーム)を行う者(同法第6条の3第1項)、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)を行う者(同法第6条の3第8項)、里親(同法第6条の4)

 

平成29年度給付型奨学金 必要書類の配布期間延長について(平成29年6月27日更新)

配布期間を再度延長します。上記の申請資格に該当し、申請を希望する方は、下記期間中に豊中学生センター窓口に申し出てください。

 書類配布期間:平成29年6月27日(火)~平成29年7月7日(金)

※配布書類を受領後に、申請者ご自身が出身の高等学校等に書類の作成・発行を依頼する必要があります。申請を希望する方は、速やかに申し出てください。

 

平成29年度給付型奨学金の必要書類の追加配布期間について(平成29年4月11日更新)

配布期間を延長しますので、上記の申請資格に該当する方で、申請を希望する方は、下記期間に豊中学生センター窓口で必要書類を配布しますので、申し出てください。

 書類配布期間:平成29年4月11日(火)~平成29年4月28日(金)

※配布書類を受領後に、申請者ご自身が出身の高等学校等に書類の作成・発行を依頼する必要があります。申請を希望する方は、速やかに申し出てください。

 

平成29年度給付型奨学金の必要書類配布について(平成29年3月31日更新)

上記の申請資格に該当する方で、申請を希望する方は、下記期間に豊中学生センター窓口で必要書類を配布しますので、申し出てください。

 書類配布期間:平成29年4月3日(月)~平成29年4月10日(月)

※配布書類を受領後に、申請者ご自身が出身の高等学校等に書類の作成・発行を依頼する必要があります。申請を希望する方は、速やかに申し出てください。

 

※参考資料 

「新しい奨学金制度で進学を支えます」

 

 

問い合わせ先:

豊中学生センター(学生交流棟2階)

住所:〒560-0043 豊中市待兼山町1-10

電話:06-6850-5037

E-Mail:gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

※日本学生支援機構の奨学金は、学生本人が貸与を受ける制度です。奨学金に関するご質問は、学生本人からお問い合わせください。

このページのトップへ