大学案内

大学案内

授業料(入学料)免除等

<平成26年度10月入学料・後期分授業料の免除等申請受付終了について>(10月10日)

 平成26年度10月入学料・後期分授業料の免除等申請受付は、平成26年10月9日(木)16:30をもちまして、全て終了しました。

不足書類・追加書類以外の提出は全て無効です。

 

<平成26年度10月入学料・後期分授業料の免除等申請について>(8月29日)

○10月入学料及び後期分授業料の免除等申請手続きについて「最新情報」ページに掲載しています。4月入学料または前期分授業料免除等申請の有無によって適用される申請要項が異なりますので、申請の流れ図により必ずご確認ください。なお、4月入学料または前期分授業料免除等申請をした方については、申請方法が異なっていますので注意してください。

各種申請要項は「申請要項・申請用各種様式」ページに掲載しています。

○10月入学料免除等申請を行う場合に、入学手続き時に提出が必要な『平成26年度10月入学料免除・収納猶予申請予定者票』を「最新情報」ページに掲載しています。            

 

 「最新情報」のページはこちら

 

免除制度の概要について

(対象者、申請時期、申請用紙の配布時期等を知りたい方は下記を参考にしてください)

入学料免除 ・収納猶予

I 出願の対象者

1.入学料の免除   (入学料を納入した方は、入学料免除の対象となりません)

(1)学部新入生及び編入学生
 次の各号の一に該当する方

①入学前1年以内に、本人の学資を主として負担している方(以下「学資負担者」という。)が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、入学料の納入が著しく困難であると認められる方
②前号に準ずる場合であって、総長が相当と認める事由がある方

(2)大学院新入生
 次の各号の一に該当する方

①経済的理由によって納入が困難であり、学力基準を満たす方
②入学前1年以内に、学資負担者が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、納入が著しく困難であると認められる方
③前二号に準ずる場合であって、総長が相当と認める事由がある方

 

2.入学料の収納猶予  (入学料を納入した方は、入学料収納猶予の対象となりません)

<学部新入生及び編入学生及び大学院新入生>
次の各号の一に該当する方

①経済的理由によって納入期限までに納入が困難である方
②入学前1年以内に、学資負担者が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、納入期限までに納入が困難であると認められる方
③前二号に準ずる場合であって、 総長が相当と認める事由がある方

 

授業料免除・収納猶予・分納

I. 出願の対象者

1.「授業料免除」

(1)経済的理由によって授業料の納入が困難であり、学力基準を満たす方
 ただし、次の各号(①~④)の一に該当する方は免除対象となりません。

 ①直前の期の授業料を滞納している方(全額免除が許可されたために授業料を支払っていない場合を除く)
 ②既に申請期の授業料を納入した方
 ③特別の理由なく同一の学年に留まっている方
 ④特別の理由なく最短修業年限を超えている方

(2)授業料の各期毎の納入前6ヶ月以内(新入生の入学当期分に限り、納入前1年以内)において、本人の学資を主として負担をしている方(以下「学資負担者」という。)が死亡し、又は本人もしくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、授業料の納入が著しく困難であると認められる方
 ただし、次の各号の一に該当する方は免除の対象になりません。

 ①直前の期の授業料を滞納している方(全額免除が許可されたために授業料を支払っていない場合を除く)
 ②既に申請期の授業料を納入した方

 

2.「授業料収納猶予」「授業料分納」

 経済的理由により納入が困難であると認められる方及びその他やむを得ない事情があると認められる方が対象です。
 「授業料免除」の申請者は「授業料収納猶予」「授業料分納」の申請はできません。

 

入学料免除・収納猶予、授業料免除・収納猶予・分納 共通

II. 申請要項の配布

1.時期

(1)4月入学料免除・前期分授業料免除・収納猶予等申請要項 2月中旬~2月下旬頃の予定
(2)10月入学料免除・後期分授業料免除・収納猶予等申請要項 8月中旬~8月下旬頃の予定

2.配布方法

本学ホームページからダウンロードしてください。
※やむを得ない事情によりダウンロードができない方については吹田学生センターにお問い合わせください。

 

III. 申請期間

   4月入学料免除・収納猶予  3月中旬 ~3月下旬                                  前期分授業料(4月~9月分)免除・収納猶予・分納  3月下旬~4月上旬

   10月入学料免除・収納猶予 9月中旬 ~ 9月下旬                                 後期分授業料(10月~3月分)免除・収納猶予・分納   9月下旬~10月上旬

  ※上記期間は予定です。詳細は、当該期の申請要項で確認してください。

 

IV. 主な提出書類

(1)(入学料・)授業料免除等願
(2)奨学金状況調
(3-1)市区町村役場発行の「所得証明書」家族全員(就学者を除く)分
(3-2)所得が無く、上記の所得証明書が発行されない場合は「非課税証明書(市区町村役場発行)」
(3-3)源泉徴収票、確定申告書、ほか各種証明書・大学所定様式類

※上記以外にも提出が必要な書類があります。詳細は、当該期の申請要項を参照してください。

 

V. 結果の通知(全額免除者・半額免除者のみ掲示により通知します。)

1.判定結果の通知

掲示場所:各学生センター掲示板及び大阪大学ホームページ
 前期分 【7月下旬頃の予定】
 後期分 【1月下旬頃の予定】

 

2.「不許可」及び「半額免除」の場合は、速やかに所定の授業料を納入してください。

(1)口座振替の手続きをしている場合、預金口座から引き落としできるよう所定口座に入金しておいてください。
(2)口座振替の手続きをしていない場合、大学より本人あてに振込依頼書を郵送しますので、本学指定口座へ振り込んでください。

 

3.収納猶予・分納申請者

(1)「収納猶予」申請者で、「猶予可」と認められた者については、前期分は9月下旬、後期分は2月下旬まで、授業料の納入が猶予されます。
(2)「分納」申請者で、「分納可」と認められた者については、大学から本人あてに振込依頼書を郵送しますので、指定期日までに、本学指定口座へ振り込んでください。
(3)「収納猶予」・「分納」申請者で「不許可」の者は、所定の額の授業料を速やかに納入してください。(この場合の納入方法等については上記、2.に同じ)

 

その他詳細は学生センターまでお問い合わせください。

問い合わせ先 吹田学生センタ-:電話06-6879-7088,7089

このページのトップへ