国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

飲酒に関する諸注意

新入生コンパ、大学祭やサークルの飲み会など、大学生になると飲酒の機会がありますが、一方で大学生の飲酒事故が発生し、中には死亡者も出ています。大阪大学でも暴飲による急性アルコール中毒で学生が倒れ、救急車が出動するケースがありました。

急性アルコール中毒は、「イッキ飲み」のように大量のアルコールを短時間に飲むとおこりますが、ひどい場合は死に至るため、自殺行為だといえます。

飲酒の席では「イッキ飲みしない」ことが大前提ですが、イッキ飲みを「させない」ことも大切なルールの一つです。また、飲酒の強要により重大事故等を引き起こした場合は、本学学生としての身分にも影響を及ぼしかねないだけでなく、刑事的責任や民事的責任が発生するケースもあります。今一度、下記のことを銘記し、阪大生としての自覚と責任を持って節度ある行動を心がけて下さい。

注意事項

  1. 未成年者は絶対に飲酒をしないこと。
  2. 未成年者には絶対に飲酒をさせないこと。 
  3. 他の人に無理に飲酒を勧めないこと。
  4. 無理に勧められたら断ること。
  5. 無理な飲酒は急性アルコール中毒等の症状を引き起こし、死に至る場合があることを深く認識すること。
  6. 飲酒後は自動車・バイク及び自転車の運転はしないこと。

危険な状態

  1. 大いびきをかいて、呼んでもつねっても起きない。
  2. 顔色が悪く、とろんとして、名前を呼んでも全く反応がない。
  3. 体温が下がって全身が冷たい。
  4. 呼吸が異常に速くて浅い、または異常にゆっくりで時々しか息をしない。

*急性アルコール中毒の症状は、吐き気、嘔吐、めまい、動悸、血圧低下、意識障害です。体を動かしたり、つねったりしても反応がなければ危険な状態です。応急措置とともに、ためらわずに救急車(119番)を呼びましょう!!

応急処置

  1. 絶対に一人にしない。(周囲の者が必ず付き添う。)
  2. 衣服をゆるめて楽にする。
  3. 毛布などを掛けて保温する。
  4. 吐き気があれば、顔を横に向ける。(あおむけのままだと、嘔吐物で窒息する可能性がある。)
  5. 吐きそうになったら、横向きのまま吐かせる。

その他のサイト等

大阪大学保健センターHP>健康情報>急性アルコール中毒について

特定非営利活動法人アスク>イッキ飲み・アルハラ防止のページ

注意喚起動画(O+PUS)

問い合せ先

吹田学生センター 06-6879-7162

(吹田キャンパス・ICホール1階)

このページのトップへ