国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

エコ・レンジャーの活動

 本学では、知的障がいのある方が、作業をサポートするスタッフとともにキャンパス内の清掃業務等に従事しています。この取組は平成20年度の吹田キャンパスを皮切りに、平成21年度には豊中キャンパス、平成22年度には箕面キャンパスへと範囲を拡大してきました。
 また、清掃業務とは別に、豊中キャンパスでは身体障がいのある方が駐輪指導・整理業務に従事しています。
 これらの業務に従事する方々は、「エコ・レンジャー」という愛称で親しまれ、学内の美化に日々努めています。
 「エコ・レンジャー」はいくつかのチームに分かれて、以下の業務にあたっています。

 

 

エコ・レンジャーが以下の冊子等で紹介されました。

阪大NOW No.138(2013年10月号) 「阪大の組織AtoZ」
   NOW138_AtoZ.png

大阪大学環境報告書2013 「その他の取組み(雇用・労働等)」(15ページ)

 

平成25年10月21日 総長から感謝状が贈呈されました!

 今年の夏は日本最高気温を更新するほど暑い日々が続きましたが、こうした猛暑の中での活動及び日頃の構内美化活動に対し、10月21日(月)、総長室において、総長からエコ・レンジャーへの感謝状の贈呈が行われました。感謝状

 吹田、豊中、箕面の各地区のスタッフの代表者が総長から感謝状を受け取り、スタッフ・リーダー全員に記念品(阪大グッズ:フェイスタオル)が贈られました。続いて、総長を囲んで記念撮影が行われました。

 スタッフは最初緊張した様子でしたが、総長がスタッフやリーダーの方々とお話しされたり、握手をする場面もあるなど、すぐに和やかな雰囲気に包まれました。

今回の表彰を励みに、これからも頑張っていきます!!

 

このページのトップへ