国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

教育

知のジムナスティックス(高度教養プログラム)

 

大阪大学では、平成23年4月から、「一定の専門知識を身につけ、(職業人あるいは研究者として)社会にまもなく出て行く学生に対して、専門教育以外に必要とされる知識や能力を与える教育」として、全学3年次以上の学部学生及び大学院学生を対象とした、「知のジムナスティックス(高度教養プログラム)」を提供しています。

知のジムナスティックス科目は、知識習得を中心としたものと多様なスキルの習得を含むものとがあり、それぞれの科目には、その特色や狙いに応じて、次の4種類のキーワードが付してあります。

「世界を舞台に活動する」  

「異分野の融合を社会に演出する」  

「成熟した市民社会を創る」  

「タフな知性で社会を輝かせる」  

これらのキーワードを参考に、学生が一人ひとりの希望や計画にしたがって自由に科目を選択し、独自のプログラムを設計することになっています。 

なお、原則として所属している研究科・学部以外の部局が開講している科目を履修した場合に、プログラムの単位として認定し、成績証明書に高度教養科目である旨を記載します。

詳細は、下記掲載のプログラム案内パンフレット及び「大阪大学 学際融合教育ウェブサイト」をご覧ください。

プログラム案内 平成29年度「知のジムナスティックス(高度教養プログラム)」案内パンフレット

→詳細はこちら

このページのトップへ