国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

他大学・研究所
国際交流
外部資金等公募情報

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)Doctoral Fellowship Programme «EPFLglobalLeaders»の募集

2021年4月15日 (木) 締切

本プログラムの目的は持続可能な社会の次世代のリーダーとなる若手研究者に資金を提供することです。EPFLが提供する21の博士課程のいずれかに進学する計48名を対象とし、学界以外の連携先での経験を含む多面的なプログラムを提供します。

公募期間
2021年4月15日 (木) 締切
公募元名称

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)

https://www.epfl.ch/en/

分野

理工系/医歯薬生命系/人文社会系

カテゴリー

国際交流助成

助成(賞)金の金額(総額)
備考をご覧ください。
備考

◆応募資格:申請時に、修士号を取得済の若手研究者(4年以下のフルタイムの研究歴、博士号は未取得)で、申請期限までの3年間のうち、スイス国内に居住、またはスイスを主要な活動拠点していた期間が12カ月を超えていないこと。

◆支援期間:4年間(48か月)

 ◆給与:博士課程の学生には給与が支払われる。うち1,935ユーロは欧州連合からの奨学金で賄われる。

 ◆締切:2021年4月15日(木)

 ※詳細は以下のリンクをご覧ください。 

https://stofficetokyo.ch/news/switzerland-related-news/doctoral-fellowship-programme-epflgloballeaders-open-for-application

(注1)部局確認が「必要」となっている場合は・・・

所属部局の担当者に応募予定であることを連絡し、必要な手続きを確認してください。
ただし、医学系研究科に所属している方は、部局確認が「必要」となっていなくても、応募を予定している場合は必ず担当係(総務課企画係)へ問い合わせてください。

(注2)総長(学長)推薦が必要な申請書類については・・・

公印押印箇所以外の総長(学長)名等を含む必要箇所を全て記載し、所属部局の担当者経由で申請してください。

このページのトップへ