国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

他大学・研究所
共同利用
外部資金等公募情報

京都大学防災研究所 令和2年度共同研究の公募

2019年11月11日 (月) から 2020年1月10日 (金) まで

防災研究所は「自然災害に関する総合防災学の共同利用・共同研究拠点」として以下の共同研究を募集します。

A.防災研究所外の研究者が研究代表者となる共同研究
  1)一般共同研究(国内機関の研究者のみ)  
  2)国際共同研究(国外機関の研究者のみ) 
  3)一般研究集会  
  4)長期滞在型共同研究
  5)短期滞在型共同研究
  6)地域防災実践型共同研究(一般)
B.防災研究所外または所内の研究者が研究代表者となる共同研究
  7)萌芽的共同研究 
C.自然災害研究協議会が企画提案する共同研究
  8)重点推進型共同研究 
D.自然災害研究協議会及び関連学協会等が企画提案する共同研究
   9)地域防災実践型共同研究(特定) 
※E.所内研究者が研究代表者として推進する拠点の共同研究
  10)拠点研究 11)特定研究集会  ※所内公募のみ 
F.所外利用者による施設・設備利用の共同研究
  12)施設・設備利用型共同研究 

公募期間
2019年11月11日 (月) から 2020年1月10日 (金) まで
公募元名称

京都大学 防災研究所

http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp

分野

その他

自然災害に関する総合防災学の共同利用・共同研究

カテゴリー

共同利用・研究課題

助成(賞)金の金額(総額)
採択額の範囲内で、研究経費(旅費、会場使用料、印刷費及び消耗品等)を使用できます。
部局確認
必要
添付資料

公募要領

備考

◆応募資格:国立大学法人、公・私立大学及び国・公立研究機関の教員・研究者又はこれに準ずる国内外の研究者で、京都大学防災研究所の教員以外のもの。ただし、萌芽的共同研究、長期・ 短期滞在型共同研究は大学院生(博士後期課程)が研究代表者になることも可。

◆申請時注意点

・部局長の承諾要。

・研究所外の研究者が研究代表者となる場合には、共同研究者に所内担当者を含むこと。

・事前に所内担当者との打合せが必要。

※詳細はHPをご確認ください。

http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/collaborative/

(本件掲載担当:研究推進課学術研究推進係)

(注1)部局確認が「必要」となっている場合は・・・

所属部局の担当者に応募予定であることを連絡し、必要な手続きを確認してください。
ただし、医学系研究科に所属している方は、部局確認が「必要」となっていなくても、応募を予定している場合は必ず担当係(総務課企画係)へ問い合わせてください。

(注2)総長(学長)推薦が必要な申請書類については・・・

公印押印箇所以外の総長(学長)名等を含む必要箇所を全て記載し、所属部局の担当者経由で申請してください。

このページのトップへ