国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

研究・産学連携

他大学・研究所
共同利用
外部資金等公募情報

自然科学研究機構 平成29年度分野融合型共同研究事業

2016年12月20日 (火) 締切

自然科学研究機構は、国立天文台、核融合科学研究所、基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所の5研究所及びアストロバイオロジーセンター、新分野創成センター、岡崎統合バイオサイエンスセンターで構成されており、それぞれ天文学、核融合科学、基礎生物学、生理学、分子科学等の研究領域に属する研究者集団を擁し幅広い共同利用・共同研究を展開してきました。
本事業では、これまでの研究を超え、研究所の区分を問わず、機構内外の異なる研究分野の研究者の方々から異分野融合による従来にない発想での研究を提案していただき、新tたな研究分野を育んでいくことを期待し、「分野融合型共同研究」を支援する事業を新たに開始し、そのための研究課題を公募いたします。

国内の研究機関に所属する研究者が、自然科学研究機構に所属する職員と協力し推進する以下の取組を公募します。
 ① 分野融合型の共同研究
 ② 分野融合型共同研究の準備のためのワークショップ等

公募期間
2016年12月20日 (火) 締切
公募元名称

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 

http://www.nins.jp/index.php

分野

理工系

カテゴリー

共同利用・研究課題

助成(賞)金の金額(総額)
分野融合型の共同研究 年間 500万円以内/分野融合型共同研究の準備のためのワークショップ等 年間 100万円以内
部局確認
必要
備考
研究実施体制:本事業による研究の実施を希望する場合は、共同研究者に必ず自然科学研究機構職員を1名以上含めてください。また自然科学研究機構職員のうち1名を経費執行責任者に設定してください。

◆詳細は本機構のHPをご確認ください。
http://www.nins.jp/bunya_yuugou/bunya_yuugou.php

(本件掲載担当:研究推進課学術研究推進係)

(注1)部局確認が「必要」となっている場合は・・・

所属部局の担当者に応募予定であることを連絡し、必要な手続きを確認してください。
ただし、医学系研究科に所属している方は、部局確認が「必要」となっていなくても、応募を予定している場合は必ず担当係(総務課企画係)へ問い合わせてください。

(注2)総長(学長)推薦が必要な申請書類については・・・

公印押印箇所以外の総長(学長)名等を含む必要箇所を全て記載し、所属部局の担当者経由で申請してください。

このページのトップへ