国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

特色ある活動

阪大百計

西尾総長からのメッセージ

ようこそ

 

コロナ新時代における大阪大学の取組 適塾大阪帝国大学

 

大阪大学の研究

大阪大学が誇る世界トップレベル研究拠点 ー 免疫学研究

 

世界トップレベルを目指す ー 重点3領域

学問分野の多様化が進み、社会との連携が求められている中、組織・社会・国境等の垣根を越えた協働による先導的学際研究をより一層推進し、新学術領域を創成する組織として、先導的学際研究機構 (Institute for Open and Transdisciplinary Research Initiatives, OTRI) を2017年1月に設置しました。

同機構では複数の研究領域を擁しており、本学では特に以下3領域を世界トップレベル拠点候補と位置づけ、重点的に推進しています。

※量子情報・量子生命研究センターは、さらなる発展を目指し、2021年4月に先導的学際研究機構の一領域から世界最先端研究機構の拠点に改組しました。

■ 生命医科学融合フロンティア研究


■ 共生知能システム研究

SISReC

■ 量子情報・量子生命研究

 

大阪大学 × SDGs

大阪大学は、SDGs の実現に向けて、多様な人々との共創ネットワークを広げ、科学技術・学術の進展、未来を担う人材の育成、社会の安寧と福祉、世界平和、人類と自然環境の調和に努め、「生きがいを育む社会」の創造に貢献します。

 

ダイバーシティ&インクルージョン

大阪大学では、多様な人材を受け入れ、互いの個性を生かす、ダイバーシティ&インクルージョンをイノベーションの源泉と位置づけ、「大阪大学男女協働推進宣言」ならびに「大阪大学SOGI基本方針」の理念の下、その推進のために様々な取組を実施してきました。

また、二つの文部科学省事業(「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」〔2016~2021年度〕、「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(全国ネットワーク中核機関(群))」〔2018~2023年度〕)に採択され、学内だけでなく、他機関と連携した女性研究者の環境整備及び全国ダイバーシティネットワークの構築に取り組んでいます。

 具体的な取組については大阪大学男女協働推進センターWEBサイト及び全国ダイバーシティネットワークWEBサイトをご覧ください。



大阪大学の取組をまとめた報告書

財務レポート2020

環境報告書2020


新しい組織

社会技術共創研究センター(ELSIセンター) 【2020.4~】

このページのトップへ