国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

特色ある活動

学生の主体的学習空間「コモンズ」

ラーニング・コモンズ、AVコモンズ

本学では、全国に先駆けて、平成21年春に豊中の総合図書館と吹田の理工学図書館にラーニング・コモンズをオープンしました。平成24年春には箕面の外国学図書館に、そして平成26年春には吹田の生命科学図書館にもオープンしました。

ラーニング・コモンズは、ディスカッションが可能なスペースです。

図書館内の豊富な紙の資料を使用できるだけでなく、無線LANなどを通じて電子資料も気軽にアクセスできます。ホワイトボードや可動式のテーブル・椅子を組み合わせて、自由な発想で学生の皆さんのニーズに合わせたグループ学習をすることができます。

総合図書館には、105インチの大型ディスプレイのO+PUSが設置されており、大学内の様々な情報を入手できます。

また、プロの図書館職員の支援、大学院生のTA(ティーチング・アシスタント)による学習相談などのきめ細かな人的サービスを提供しています。

ラーニング・コモンズは、自由な発想で学習発表・課外学習を深めていくことのできる、可能性を秘めた総合的学習スペースです。そして、Teaching(教員が教えること)からLearning(学生が主体的に学ぶこと)へと向かう大学教育の大きな流れを実現し、支えています。

外国学図書館には外国学図書館で所蔵しているAV資料を少人数で視聴するAVライブラリと、多人数で利用でき、グループでの学習が可能な空間のAVコモンズを設けています。

 

詳しくはこちら↓

総合図書館ラーニング・コモンズ

外国学図書館ラーニング・コモンズ(るくす)AVライブラリ・AVコモンズ

理工学図書館(施設案内)

生命科学図書館(施設案内)

 

グローバル・コモンズ

グローバル・コモンズは、多言語・異文化理解のため共同学習スペースです。本学の教育理念の一つである「国際性」をサポートすると同時に、授業内外での学びに対応する「学びのスタイルの多様化」を実現します。

留学生のTAによる多言語学習のイベントを実施しています。学生による英語学習イベントや、英語によるディスカッションの場としても提供しています。

グローバル・コモンズは、国際性と学生の主体的な学びを重視する本学の教育環境をさらに充実させ、授業内外での学びを強力に支援する空間です。それと同時に、多言語・異文化学習を促進し、増加する留学生と日本人学生の学びと交流を支援する場を提供します。 

 詳しくはこちら▸総合図書館グローバル・コモンズ

 

ステューデント・コモンズ、サイエンス・コモンズ

ステューデント・コモンズは、学生の主体的な学びの場です。また、学生相互の交流や、学生と教職員とのコミュニケーションを活性化させるスペースでもあります。学習成果発表、学生同士の談話、教職員と学生の対話、留学生との交流等のさまざまな知的交流のための活動に利用することができます。

ステューデント・コモンズには、カフェのあるオープンスペース「カルチェ」があり、全域で無線LANが利用可能です。全学ディスプレイシステムO+PUSでは大学内の情報が流れています。

1階の「開放型セミナー室」では大型スクリーンやプロジェクタを使って、全面を開放して外庭も利用するオープンスタイルのイベントが可能です。2階の全てのセミナー室には、大スクリーン、全壁面型ホワイトボード、自由に移動し組み合わせて大小のディスカッションに利用できるテーブルやチェアが備わっており、マッチング型セミナー室内スタッフルームには、ITサポートセンターも置かれています。また、セミナー室Ⅰは、パーティションで仕切って大小のセミナーや会合に使うことができます。

サイエンス・コモンズでは、科学映像の上映、サイエンスの研究発表、 実験機器の体験などを通じて、科学に触れることができます。また、イベントなどの利用がないときは、議論や会話の場、自主学習の場としても使えます。

 詳しくはこちら▸全学教育推進機構(施設案内)

 

サイバーメディアコモンズ

サイバーメディアコモンズは、平成27年5月、学生や研究者が自由に議論できるアクティブラーニングスペースとして吹田のサイバーメディアセンターに設置されました。

サイバーメディアコモンズでは、世界最高水準の大規模立体可視化システムが設置されたレクチャールーム「Mishite’(ミシテ)」や3Dプリンター等の高性能機器が利用できる「i→Re(イーレ)」などが利用できます。

 詳しくはこちら▸サイバーメディアセンター(サイバーメディアコモンズ)

このページのトップへ