国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

科学・技術  [国際会議]
セミナー/シンポジウム情報

理学研究科国際ワークショップ SciSics「2020 年ノーベル賞と新型コロナウイルス」のご案内

2021年3月15日 (月) 14:00 から 17:30

いつも通りにいかないことが多かった2020年度、残りわずかとなりました。私たちの生活はコロナによって大きな影響を受けましたが、私たち研究者の科学への飽くなき探究心は変わらず光り続けていることでしょう。本ワークショップでは、最新の研究トピックスとして、2020年にノーベル化学賞、物理学賞を受賞した研究、新型コロナウイルス感染症に関する研究について、各研究分野の素敵な先生方にご自身の研究のお話も交えながらご講演いただき、熱いメッセージをいただきます。
コロナ禍でリアルな国際交流の場が少なくなってきていますが、オンラインでの交流を続けて、一緒にこの苦境を乗り切りましょう。皆様のご参加をお待ちしています。

<イベント概要>

理学研究科国際ワークショップ SciSics「2020 年ノーベル賞と新型コロナウイルス」

日時:2021年3月15日(月) 14:00~17:30

開催形式:オンライン(Zoom Webinar)および、会場(南部陽一郎ホール)の同時開催

※新型コロナウイルスの影響でオンラインのみの配信になる可能性があります。

使用言語:英語

対象者:主に学生、教職員

主催:大阪大学大学院理学研究科

 

<参加登録>

参加費:無料

参加申込:以下の参加登録フォームより、事前参加登録をお願いします。

【参加登録〆切:2021年3月10日(水)】

https://reg.sci.osaka-u.ac.jp/lm/index.php/114652

※参加のためのURL等は開催2日前までにメールにてお送りします。

 

<講演プログラム>

1部:南部陽一郎ホール(オンラインでも参加可能)

14:00- 開会挨拶 深瀬 浩一(理学研究科長)

14:05- ice break

14:15- 篠原 彰(蛋白質研究所)

“Editing of Life-tale on CRISPR/Cas discovery”(2020年ノーベル化学賞(CRISPR/Cas-9)の解説含む)

 

第2部:オンライン(南部陽一郎ホールにてライブ配信を視聴可能)

15:25- 井上 芳幸(宇宙地球科学専攻)

“How can we find black holes?”(2020年ノーベル物理学賞の解説含む)

16:25- Sujin Kang(免疫学フロンティア研究センター(IFReC))

“Targeting of Interleukin-6 signaling in COVID-19 induced cytokine storm”(新型コロナウイルスの解説含む)

17:25- 閉会挨拶 久保 孝史(理学研究科副研究科長)

 

※ファシリテーター

香門 悠里(理学研究科企画推進本部)、谷 洋介(理学研究科化学専攻)

日時: 2021年3月15日 (月) 14:00 から 17:30
主催: 大阪大学大学院理学研究科
場所: オンライン(大阪大学)および南部陽一郎ホール@豊中キャンパス
参加登録: 必要(Web)
連絡先: 大阪大学大学院理学研究科企画推進本部
ri-international@sci.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ