国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

オンライン公開講義・森村泰昌特任教授「芸術はなぜ必要か -三つのエピソードを通じて考える-」のご案内

2021年2月15日 (月) から 2021年3月15日 (月)

大阪大学文学研究科特任教授である美術家の森村泰昌先生のオンライン講義を開催します。芸術に興味がある方、進路に文学部を考えている方、などどなたでも視聴できます。
〔講義概要〕
コロナウィルス感染拡大のなか、不要不急の行動は控えるようにとよく言われます。 美術、演劇、音楽などの芸術表現は不要不急の活動なのでしょうか。 三つの事例をあげながら、「芸術とは何か」について考察します。

●タイトル:「芸術はなぜ必要かー三つのエピソードを通じて考えるー」
●講義概要:
コロナウィルス感染拡大のなか、不要不急の行動は控えるようにとよく言われます。
美術、演劇、音楽などの芸術表現は不要不急の活動なのでしょうか。
三つの事例をあげながら、「芸術とは何か」について考察します。
●配信期間:2月15日~3月15日の1か月間
●講演者:森村泰昌 大阪大学文学研究科特任教授
●講演者略歴:
1951年、大阪に生まれる。京都市立芸術大学美術学部卒業、同美術専攻科を修了。現在、大阪大学特任教授。
セルフポートレイト手法の写真作品を作り続ける美術家。
近年は演劇や映画制作にも積極的な姿勢を見せている。
2020年開催の個展に、「エゴ・オブスクラ東京2020ーさまよえるニッポンの私」(原美術館 東京)、「遊ぶ美術史ーほんきであそぶとせかいはかわる」(富山県美術館 富山)、「Mの肖像-作品を解く鍵はMだ」(モリムラ@ミュージアム大阪)。
近著に、「美術、応答せよ」(筑摩書房)、「自画像のゆくえ」(光文社新書)、
「ほんきであそぶとせかいはかわる」(LIXIL出版)など。
2011年度秋 紫綬褒章。ヨコハマトリエンナーレ2014の芸術監督を務める。
2016年 大阪文化賞。2018年 大阪北加賀屋にモリムラ@ミュージアムが開館した。

【お申込み】
受講するためには事前申し込みが必要です。
次のURLからお申し込みください。
https://chega.osaka-u.ac.jp/event/202101222885/

日時: 2021年2月15日 (月) から 2021年3月15日 (月)
主催: 文学研究科、高等教育・入試研究開発センター
場所: オンライン開催
参加登録: 必要(Web)
URL: https://chega.osaka-u.ac.jp/event/202101222885/
連絡先: 高等教育・入試研究開発センター(高大接続部門)
kodaioffice@chega.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ