国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

下町芸術祭参加企画・森村泰昌「下町物語プロジェクト2017-2019」

2017年11月3日 (金) から 2017年11月25日 (土)

「下町とは何か?」
という根本的な問いをテーマにした3カ年のプロジェクトを始動します。
街の風景や建築物を作品に組込み、独自の都市文化論を展開する美術家・文筆家の森村泰昌が、庶民文化と都市開発、欧米諸国とアジアなど、“私たち”の価値観を醸成する事物をさまざまに感受・考察し、「下町」的なるものをめぐる物語や風景を創作します。
プロローグである今年は、関西三都の下町をリサーチしつつも、特定の町を越えた、どこにもない架空の「下町」についてのエスキースを披露するとともに、関連する新作の映像作品の上映とシンポジウムを開催します。

 

 

旧駒ヶ林保育所は、神戸を中心に活躍した建築家の清水栄二の作として大正13年に公会堂として竣工し、後に保育所として日々の営みが積み重ねられていました。この様々な記憶が刻まれた場所性と特徴的な意匠や間取りに着目し、人・物・コトによる“森村流の地図”を創出します。旧保育所内外の各所では、新長田にて日々の生活とともに表現の営みを独自に積み重ねてこられた6名の方々の出展物を筆頭に、新長田・釜ヶ崎・崇仁のリサーチ音源によるサウンドインスタレーション、保育所の物品を用いた即興彫刻やピアノ演奏音、そして『贋作「下町新党」党首演説』と眼下に広がる新長田の風景によって、プロジェクトの序説を紡ぎます。

ARTIST-森村泰昌「下町物語」

Yasumasa Morimura

森村泰昌

1951年大阪市生まれ。大阪市在住。京都市立芸術大学美術学部卒業、専攻科修了。 1985年、ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作。以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。主な国内での個展に、「美に至る病/女優になった私」(横浜美術館1996)、「空想美術館/絵画になった私」(東京都現代美術館他1998)、「なにものかへのレクイエム/戦場の頂上の芸術」(東京都写真美術館他2010)、『自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき』(国立国際美術館)など。文筆の仕事も多く「まねぶ美術史」「露地庵先生のアンポン譚」などがある。

ゲストキュレーター:木ノ下智恵子

アートプロデューサー・大阪大学21世紀懐徳堂 准教授。神戸芸術工科大学大学院修了。専門は現代芸術、文化政策、事業プロデュース等。1996年~2005年神戸アートビレッジセンター美術プロデューサーを経て2005-2015年度まで大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)などを経て2017年4月より現職。大阪大学では企業とNPOによる社学連携コミュニティースペース「アートエリアB1」の運営などに従事。現代美術家の個展、若手芸術家育成プログラム、アートマネジメント講座、都市や近代産業遺産のアートプロジェクトなどを多数手がける。その他、愛知県・神戸市・高松市・枚方市・企業等の芸術文化関連の委員・審査委員を務め、芸術文化条例の策定や文化政策に寄与している。

 

 

日時: 2017年11月3日 (金) から 2017年11月25日 (土)
主催: 新長田アートコモンズ実行委員会 共催/大阪大学21世紀懐徳堂 協力/京都市立芸術大学芸術資源研究センター、 NPO法人こえとことばとこころの部屋cocoroom
場所: 旧駒ヶ林保育所(神戸市長田区駒ヶ林町5丁目8-6)
参加登録: 不要
URL: https://www.shinnagata-artcommons.com/shitamachi
連絡先: 下町芸術祭事務局: NPO法人DANCE BOX内
shinnagata.artcommons@gmail.com

このページのトップへ