国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

医療・健康  [国際会議]
セミナー/シンポジウム情報

SATREPSベトナム薬剤耐性菌プロジェクト国際シンポジウム 「薬剤耐性菌蔓延とその抑制」 Dissemination and Suppression of Antibiotic Resistant Bacteria

2016年10月28日 (金) 13:00 から 16:30

近年のスーパー(薬剤)耐性菌の出現は、難治性の感染症を引き起こす危険性からも世界を震撼させています。その背景には、医療現場のみならず畜水産業現場における抗菌剤の濫用が指摘されています。ヒトや畜水産物の流通は世界規模で拡大しているため、これらスーパー耐性菌は地域や国境を超えて拡散することとなり、公衆衛生上の大きな課題となっています。耐性菌は社会生活(食を含む生活環境)のある種の条件下で出現・拡散しやすく、耐性遺伝子がプラスミド上に存在するため耐性能が菌種を超えて水平伝播を起こす可能性が高いことは言うまでもありません。健常人における多剤耐性菌保有が発展途上国において急増していることは近年の報告で周知となっており、この増加に適切な対処ができなければ、多剤耐性菌の性質上、当該地域や国に限らず世界的な蔓延を引き起こす大きな脅威となります。耐性菌蔓延の問題は従来のような院内感染にとどまるものではなく、今や人々の生活習慣、食品管理や流通など社会全体の問題となっています。発展途上国ではその傾向が顕著で喫緊の公衆衛生課題となっていますが、そこで、本シンポジウムでは、薬剤耐性菌蔓延の現状とその抑制に向けた取り組みを各方面で活躍されている研究者ならびに政策立案者を含め、また、会場の参加者も交え多面的に議論し今後の対応策を探ります。

Program

13:00 – Opening Remarks  山本容正・SATREPSプロジェクト研究代表

13:00 – 14:20 Session I Oral Presentation(座長:久米田裕子・大阪府立公衆衛生研究所副所長) ▸北 潔・長崎大学熱帯医学グローバルヘルス研究科教授 「Drug resistant malaria – How to fight?」 ▸柴山恵吾・国立感染症研究所部長 「National Surveillance of Antimicrobial Resistance in Japan and Future Prospect for International Cooperation」 ▸山本容正・大阪大学招へい教授/大阪府立公衆衛生研究所所長 「Wide dissemination of Antimicrobial Resistant Bacteria in Vietnam」

14:20 – 15:10 Session II Poster Presentation & Discussion (座長:平井 到・琉球大学教授) ▸Tran Thi Hoa, Thai Binh University of Medicine and Pharmacy, Thai Bin, Vietnam 「Detection of colistin resistant gene, mcr-1, among cepharosporin-resistant Escherichia coli isolated from food samples and healthy human feces in Thai Binh」 ▸HOÀNG THỊ ÁI VÂN, Nha Trang Pasteur Institute, Nha Trang, Vietnam 「Prevalence and molecular characterization of Extended-spectrum β-lactamase-producing Escherichia coli isolated from food and healthy workers in Nha Trang, Vietnam」 ▸Nguyen Do Phuc, Institute of Public Health HCMC, Ho Chi Minh, Vietnam 「Dissemination of extended-spectrum ß-lactamase- and AmpC ß-lactamase-producing Escherichia coli within the food distribution system of Ho Chi Minh City, Vietnam」 ▸Ngyen Cong Ha, Can Tho University, Can Tho, Vietnam 「Multiple sampling of ESBL-producing Escherichia coli from chicken farms in Mekong Delta, Vietnam」

15:10 – 16:30 Session III Oral Presentation(座長:山崎伸二・大阪府立大学教授) ▸Jared L. Reynolds, Surveillance Epidemiologist, CDC, USA 「Overview of NARMS, National Antimicrobial Resistance Monitoring System, in USA」 ▸Le Danh Tuyen, Director, & Bui Thi Mai Huong, National Institute of Nutrition, Vietnam 「Antimicrobial Resistance Monitoring Activity in Vietnam 」 ▸野田博之・厚生労働省結核感染症課室長 「National Action Plan against AMR in Japan」

16:30 Closing Remarks

日時: 2016年10月28日 (金) 13:00 から 16:30
主催: 大阪大学大学院薬学研究科
場所: 佐治敬三メモリアルホール
参加登録: 不要
連絡先: 大阪大学大学院薬学研究科SATREPS事務局
hatanaka-e@office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ